タイの文化(敬称)のお話

                                   2006年1月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイ人はとっても礼儀正しく、自分より年上には「ピー」年下には
 「ノーン」と敬称を付けて名前を呼び合います。初めての会った時に、
 年齢関係が不明な場合は、とりあえず「ピー」の敬称を使っています。

 もちろん挨拶には両手を胸の前に合わせて「ワイ」と言う挨拶をす
 ることは、言うまでもございません。

 これほど礼儀に厳しい文化を持っているタイ人も、対象が外国人
 になった場合、なぜか敬称が無くなり、名前の呼び捨てになる傾向
 が。。。。「○○さん」のさんに当たる「クン」敬称もあるのですが、
 外国人になるととたんにはずれる傾向大です。

 タイ人と違ってニックネームで名前を呼び合う習慣のない日本人
 に取って、いきなり名前だけを呼ばれるのは。。。抵抗があります。。。

 ちなみに敬称一覧
 ・ナーイ =Mr、Mrs、旦那さん、奥さんに該当します。
 ・クン   =○○さんにあたります。(外人が使うときには、これが
    一番無難です)
 ・ピー   =年上に対する敬称。
 ・ノーン  =年下に対する敬称。

 タイ人から自分の名前または名字を飛ばれた際に、上のいずれ
 かの敬称が無いときには、ちょっと失礼なタイ人であったと、ご理
 解下さい。

 使用例
  1)ナーイ山本、クン山本、ピー山本、ノーン山本と言った具合に、
   名前の前に付けます。

 ちなみにレストラン等では、少し自分より年上に見える場合でも、
 ノーンを使って呼んでいますのサービスを受ける場合は、立場が
 少し強くなっている様です。

 いずれにしても、年齢に関わらず尊敬に値する言動と考え方を持っ
 た方が、人から尊敬される対象になることは言うまでもございませ
 んので、お互いに日頃から自分を磨きましょうね。
  
【ナコンナヨック県のお寺3連発:その20〜22寺】
 Sさんの弟さん、タイ仏教文化にはまって居る様で、タイ100寺巡
 礼決めた、、、。ついに2割を達成、道半ばですが、毎回の投稿に頭
 が下がります。(駐在員は出向者より自由が利くみたい)。

【ラオス人が建てたお寺?】
 タイ寺巡礼シリーズSラオス人が建てたとか。参拝客無し、もちろん
 外人もいないです。
 
 

 

 参拝客は居ないと。。コメント。。でもこの階段を登って来る方は
 参拝客では無いのであろうか(?_?)

 

お約束の仏足跡と上からの展望。

 

 仏足はやはり扁平足で、公平な慈愛を現しています。合掌

 

 お寺の名前の無い、お寺。。。。
 やぱりナコンナヨック県はバンコクから1.5時間で行ける田舎です。


【エメラルド仏のあるお寺:その21寺】
 こんな所に、エメラルド物が…。 本物より、かなりデカイです。
 タイ寺巡礼シリーズ21寺

 

 お供え物のミカンと比較すると、ほぼ人間大の大きさですね。。
 確かにデカイ。色だけ見ると、ガラスで作ってある様にもみえるが、、
 翡翠?手前の小さい4仏もガラス?ちょっと気になるSさんでござ
 いました。

 

 お寺の名前は:ワット キーリーワン。お寺の看板から県庁所在
 地にあるお寺のようです。
 
【ワット ヤイ タキナラーム:その22寺】
 写真では小さなお寺に見受けられます、設立1941年の比較的
 新しいお寺のようです。

 

 

 
右は、お釈迦様を守る鬼。。ヤックと言います。

 
   
 弟様、毎回のご投稿感謝です。m(_ _)m


 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る