タイの観光スポット(ペッブリー県のお寺)のお話

                                 2006年1月吉日 
 こんにちは、Sさんです。
 
【Sさんの弟様、投稿お寺巡礼シリーズ:その14】
 実は、Sさんの弟さまは、バンコクにある会社の駐在員(某大手電機
 メーカー系列)をしているのですが、熱心にタイ国内外を旅し、いろい
 ろな投稿をして来てくれるのです。。

 ネタ切れで困ったなぁ。。と思うとタイムリーに投稿記事が届き、Sさん
 のページを支えてくれる貢献してくれる功労者の一人なのです。m(_ _)m
 
 と言うことで、今回はペッブリー県の観光スポットのご案内です。同県
 はSさんが住んでいるチョンブリ県からシャム湾を挟みほぼ反対側に
 位置します。バンコクから車で2時間県内でございます。

 それでは、タイ有名寺巡礼シーリーズそのMご紹介でございます。

【ペッブリーの中心寺院】 
 ワット マハタート ウォラウイハーン、 ペップリーの中心寺院です。
 アユタヤ時代に建立されたらしい?です。

 

 壁画が結構手が掛かっていますね。

 

 

 

【ワット ガムペーン レーン:その15】
 タイ有名寺100選、お寺巡礼投稿シリーズ:そのN
 こんな所でクメール遺跡?に出会えるなんて。
 ワット カンペーン ルアン (タイ語を読むとガムペーンレーン
 が正しいようです)

 

 

 それしても、クメール遺跡ですね、遺跡の中にお寺作った珍しい
 タイプのお寺ですね。

 

 

 

 

 クメール様式とタイ寺院のアンバランス。。これは珍しいお寺と言
 えますね。

 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ちょっとS家のお話です、年末に家出して行方不明になっている
 ペルシャ猫のフーフー君の代わりに町猫夫婦がS家に住み着く様
 になりました。雄猫は虎縞、雌猫は黒猫で胸に白い☆が2つ付い
 ています。

 フーフー君の余った餌を置いておく内にどうも居心地が良くなった
 様で、玄関先のマットと下駄箱の上を住処と定めた様でございます。
 朝起きるとニャーニャー、仕事帰りにはメーオ、メーオと体をすりつ
 けて来ます。。。この処、Sさんの奥様よりよっぽど愛想良く出迎え
 を対応してくれています。

 家猫として飼うつもりも無いのですが、スーパーへ行くついでに猫の
 餌を買う習慣が抜けない内は。。。
 と言うことで、暫定S毛の家族が増えた見たいです。


 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る