タイの文化(一村一品運動)のお話
                                    2006年1月吉日 
【それは大分県から始まった】
 明けましておめでとうございます、Sさんです。
 さて、今回はタイの村おこし運動のお話、以前にもご紹介しましたが、
 アップデート版です。

 日本の大分県から始まった「一村一品運動」がタイに渡って、OTOP
 (オトップ)となりました。タイは、村おこしの一環として、タクシン首相
 も大分を訪れたことがあるそうな。

 0=ONE
 T=TUNBOL(村=タンボンと読みます)
 0=ONE
 P=PRODUCT

 年末、12月17日〜25日、ドンムアン国際空港から約西側に10キ
 ロほど離れたムアントンタニが会場でした。(モーターショウと同じ場
 所、しかし入場料は無料です)

 今回のOTOP(オトップ)は、過去の物より一段と大きくなり、前回の
 ほぼ倍の規模になっておりました。現在はタイ全土規模での催し物。
 。大きくなりました。
 
  

 木彫りや草木染め、かご、織物等の実演もありました。

 

 

 ここはブースの真ん中に名産の地元料理街が。。

 

 スココータイ県のカノンチーン(餅米のうどん)   フルーツ味のワイン

 

 こちらのブースでは音楽や踊りのショーが続いていました。

 

 名産の生地で作った服、右はゴザ。

 

 
 
 タイシルク                        お酒

  

 地酒。。。

 このオトップ展示会では、名産品に☆5個から1個のランク分け
 をして、品質とデザインに対しての格付けもしておりました。

 さすがに☆5個の賞状のある店は、デザインがEでした。

 食べ物関係は、☆が付いていても好みがあるので。。。。

 Sさんアユタヤ県のブースで見た、鍛冶物、、ナイフ関係が良か
 った。。。思わず欲しくなりましたが。。。
 Sさんナイフに興味がないことを思い出して、その隣のブースで、
 小ぶりの太鼓3コ(35センチ、30センチ、12センチ)を買って
 帰りました。値段は3個で500バーツ(1400円ほど)


  いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る