タイの観光スポット(カオヤイ世界遺産)のお話

                                    2005年12月吉日 
【何もないけど自然が一杯】
 こんにちは、Sさんです。
 Sさん自然が一杯のナコンナヨック県からカオヤイ自然公園(世界遺
 産です)へに行ってきました。

 場所はバンコクの東隣で、Sさんの住むチョンブリ県シラチャーからは、
 北東に向かい片道約180キロの地点です。

 このナコンナヨック県、タイ自然世界遺産、カオヤイの入り口にあたり、
 名所?滝と自然。。。と、言うことで観光地化されておりません。要は
 森林地帯です。

 ナコンナヨック県は、カオヤイ入り口がある県ですが、タイの県の中で
 も観光客がもっとも少ない県の一つと言えるでしょう(観光地が無い。。。。。)

 

 カオヤイとは、サラブリ県、ナコンナヨック県、プラチンブリ県、ナコンラ
 チャシマ県の4県にまたがるジャングルです。

 カオヤイ公園の中は、何カ所かの滝の廻りがキャンプ地となっております。
 入場料は、バイク込みで50バーツ(約140円)でした。公園の中は、
 3077号線と言う片道1車線の国道がグネグネと出口のコラート側まで
 約60キロ続きます。

 

 カオヤイ公園のナコンナヨック側入り口      
 CASCADE=滝です。ウォーターホールの方がEのに。

 この国道アップダウンがありタイトコーナーがあり、バイクで面白
 いコースなのですが、所々にスピード抑制用の凸があり。。。

 おまけに目立ったのは、道の野象の巨大フン、乾いたフンは滑り
 そうで、出来たては、さらにニュルッと危険そうで乗り上げるが怖い
 ぐらいデカイッッ。。。

 おまけに野ザルがあちこちに出没。。。自然とスリル(>_<)を満喫
 (*^_^*)できます。
 (Sさんお友達とは現地集合で、カオヤイの中を一緒しました)

【ちょっとコーヒーブレイクお便りです】
 顔ヤイのS君へ(*^_^*)
 中年暴走族ですか?タイでもツーリングする人増えてきたみたい
 だね。 暴走ではなくっても。腰痛持ちの私にはきついけど。

 『目立ったのは、猿と道路に落ちている野生の象のフン。。。
 乗り上げるのが怖いぐらいデカイ。。』

 ちなみに私、*田舎道を歩いていた時、車ができたてホカホカ
 の象の糞を踏んで跳ね上げた糞をかぶったことがあります。

 糞は服を染めてしまうので注意。臭くはありませんが。

 と、K大博士課程(何年大学に居るつもりか?)の知り合いから
 アドバイスを受けました。どうですか、象の糞でフン染め。。。
 綺麗な色に染まりそうですネ。

 顔も体もヤイ(大きいの意味)のSでした。
 
 *このお方、コンケン大学の修士課程も卒業している、毎年
 研究と趣味を兼ねてタイの農村部に入っているので、その時
 に象フンシャワーを浴びたのでしょう。
 *一つお勉強、象の糞は臭くない。。。見かけた時は手にとっ
 て臭いを嗅いでみて下さいね。

【お話戻ります】

 

 でも何故かこっちはウォーターフォール。。統一性がない。。
 この滝で落差50M位?タイでは珍しく落差がある滝です。
 滝壺で人が泳いでいたぁ。タイはこの季節でも暖かいのです。
 下に見えるのはゴミでは無く人です。

 



 こっちがコラート側の入り口。

 お気軽往復400キロのつもりで出ていったツーリングでしたが、
 カオヤイ公園の中の往復120キロ弱をすっかり失念していた。。。
 戻ってみると600キロ弱のツーリングでございました。。

 フーッ疲れた。でも無事到着致しました。

 それにしても数十年ぶりで走ったグネグネ道。。SさんのBM君と
 Sさんの体重では。。。気持ちに体が着いてこなくて良かったと
 思う1日であった。

 まさに体を使ってのSさんリポートでございました。ちょっと背筋
 筋肉痛で痛い。。Sさん84.5キロ。


 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る