世界の観光スポット(中国リニヤカーと地下鉄)のお話
                 2005年11月吉日 
【見るのと実体験は違いました】
 こんにちは、Sさんです。
 移動の待ち合わせ時間に、だいぶ時間が時間があったSさん、
 時速500キロ出ると言われるリニヤに乗ってみました。

 リニヤ乗り場は、空港の反対側のビル内で、渡り廊下で歩いて5分
 ぐらい。駅は一駅です。乗車料は、VIP席100元(約1400円)、
 普通席40元(約560円)で、もちろんSさんは普通席を選びました。

 乗ってみて、オット思うこと、カーブでは、車体が4−50センチは斜
 めに傾くことと、乗車時間はあっと言う間の5−6分。。。7−8分か
 も知れない。もちろん窓は開きません、振動も全くないと思ったら、
 普通の新幹線並の振動があった。 最高速は、行きも帰りも431
 キロであった。



 中国語ではリニヤをこう書く。磁石で浮くと。。。  
 これが改札口(手ブレ防止のカメラが欲しい)

  
 
 切符売り場 これが切符、往復で80元

 

 リニアの先頭車両  普通席入り口(VIP席は先頭の2両)

 

 運転席、ガラス越しはボケル。。。最高時速は432キロだった。

 

 駅構内と座席

 

 座席の裏。。

 

 ちなみにリニヤ終点駅からは、地下鉄に乗り継いで、上海市内
 へ行くことが出来ます。

【と言うことで地下鉄】
 

 地下鉄の駅(ここは上海タワーの前)駅の周りはタバコの吸い殻で一杯。
 切符の自動販売機は故障していたので隣の窓口で購入、しかしどこの
 駅でも故障していた。

 

 ホーム内、香港やシンガポールと違って、内側に扉が無いタイプ、
 日本式ですね。

 

 社内にて。。。手ブレ補正機能が欲しい。。。



 次は、上海科学博物館

 と、言うことで近々、上海科学博物館と上海水族館をご紹介です。
 地下鉄代は、最短区間(2駅)で3元(約45円)だった。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 中国での感想
 ちょっと改善依頼事項
 切符売り場の女性や、各施設の案内係の女性はとっても外見
 が美しい人が多かった。
 しかし。。。愛想が無い。。。とっても残念。。。スマイルが足りない。。。
 マクドナルドのメニューならタダなのに。。。それと、どこでもタバコ
 を吸う。。。空港の中、駅の構内、
 お構いなしだ。。。これにはビックリ。。。それと美しい女性も道に唾
 を吐く。。。
 
 ちょっと長所:
 社会的交通網、、電車、地下鉄、TAXIとタイより遙かに整備され居
 いた。 電車もTAXIも走って無いシラチャーとは、大違い。。。
 これはとっても羨ましかった。

 中国出向のYさん曰く
 
 「貨物列車を見て、あまりにも長いの数えたら『71両』もあった」
 71両なら駅に停車するにも困難。。。。

 中国的なスケールの大きい逸話をご紹介して、今回はここまで。


 いらっしゃいませ中国。そしてタイランド
 
 

戻る