タイの文化(盗難)のお話
              2005年10月吉日 
【投稿記事から盗難車のお話】
 Sさん久しぶりです。

 昨日(日曜日)、盗難車(バイク)の置いているお店が有ると聞き
 コンケンまで行って来ました。
 場所はコンケーン県、コンケーンに入りロータスを過ぎてから右側
 三菱自動車がある交差点を右折、それから運転手に連絡させ道
 を聞き行って来ました(車で行きました)。

 お店の名前:SUB NAN MOTOR
 043−○○○○○○    09−○○○○○○○(ご興味の
 ある方はSさんまで連絡下さい)
 *日曜日は お休みですが、前もって連絡入れれば応可能です。

  

 スクーター
 1)スズキ 250CC 12万+タビヤン 5万(走行 約 8000K)
  約46万円
 2)ヤマハ250CC 11万+タビヤン 5万(走行 約 13000K)
  約44万円
 3)ホンダ CB 400CC 8万+タビヤン 5万 約35万円
  *タビヤンとはプレート登録代金。
 
 コラートもそうなんですが、バイク屋、車屋、平日も17定時で
 終わり、これで商売が出来ているのが不思議です。

 追伸
 私のバイク買取値段の確認結果:30万B(約81万円)だそう
 です。あまりパーと しませんでしたがご報告まで。

  リポーターのIさんは、ご報告ありがとうございました。
 この方ハーレースポーツスター1200CCに乗っています。

 Sさんが見た処お店の雰囲気は普通に見えますがぁ。。。
 Sさんの経験上ですが、タイで大型バイクを売っている店は、
 ほとんどが胡散うさん臭い。。。特に中国系のショップは。。。
 信頼できそうな所はバンコクのレッドバロン(日本のチェーン
 店)ぐらいしか知りません。

 コーンケン県は、タイの東北部のほぼ中央に位置する県で、
 恐竜博物館があることで有名な県でございます。

 *上記の値段を見て、日本と比べて高いなぁ思われる方、
 タイは完成品の車の輸入関税が消費税込みで87%もある
 ことをご承知下さい。(物品代+87%+陸送費)+販売手
 数料を上乗せ。それからプレート代が、14万円〜22万円の
 取られます。
 *国産車の方がお得ですね。
 (でもタイのバイクは、175CCまで)
 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 まずは盗難車のお話から、タイにも盗難車と思われるバイク
 は入ってきている様に思われます。
 日本からの輸出の場合、とてもおかしいことなのですが、中古
 車、新車を外国に輸出する時に、登録抹消の義務が無いため、
 プレート付きの車やバイクが日本から入ってくるのです、政府や
 都道府県は、車両税が入ってくれば問題無いと思っているの
 でしょうが、おかしなお話です。
 
 とっても紛らわしいし。。輸出業者は、荷主の荷を確認する訳
 出もないから、盗難品でも輸出しちゃいます。ここに荷主のモラ
 ルが発生するのですが。。

 と、言うことで簡単な盗難車の見分け方
  @プレートが付いていたら注意。
  A車の場合、ドアのキーが壊れている、壊した後がある。
  Bバイクの場合、ハンドルロックが壊れている。

 何てのは、怪しいです。もちろん善意の第3者として購入した
 方も、前歴が知りたい、ハッキリさせたい何て思っている方は、
 インターネットで、エンジン番号と車体番号を入れると、盗難
 車かどうかを確認するサイトもありますので、確認された方が
 良いかも知れません。

 Sさんも昨年購入したバイクの出所は、日本と分かっていまし
 たので、友人の紹介を受けて、ワクワクドキドキしながらサイト
 でチェックしましたが、見事潔白、でした。

 実はSさんの購入したバイク、ハンドルロックが壊れていたので、
 日本の友人に相談したのだった。

 お話変わって、タイの場合、50CCのミニバイクに登録の義務
 が無いわけではないのだが、スクーター系は、警察もプレート
 無くても見逃す風潮がある。たまに町で、渋谷区なんてプレート
 を付けて走っているスクーターを見かける。。。タイには盗難車
 が入ってきているのかカモ知れない。

 ちなみに、正式にプレートを取得する場合、インボイスと言われ
 る、輸入書類一式が無いと、陸運局はプレートを発行してくれま
 せん、もし書類が無い場合は、部品から組立てた車か、出所の
 怪しい、盗難車の可能性がございますので、ご注意を。

【投稿記事から盗難にご注意をのお話】
 Sさん、こんにちは。
 「タイ人はタクマシイ。。寝ててもバナナ。」違う収入があるのでし
 ょうか?

 因みに弊社の恥ずかしい話ですが、先週初め、副資材の発注
 が多いと気付いて確認指示を出したのと、同時に社員から密告。
 ビニール袋など売却していると・・・。

 調べたところ、入りと出の計算が合わない。。直ぐに警察に盗難
 届け。。昨年の2月からで、被害総額は約30万BAHT(約81万円)。。

 結局、倉庫スタッフの9名が関与していることが判明して先週の
 土曜日に解雇。

 現在、みんなで解雇した社員の穴埋めで残業中。。
 不幸中の幸いは直接人員が関与していなかったこと。。

 凄いのは、盗難届けを出して次の日、弊社の無くなった一部の部
 材を警察が届けに来た。。廃品回収業者にあったと。。

 皆さんご注意下さい!!

 タイは最近この手のお話を良く聞きます。アマタナコンでも、研修
 武装した窃盗団が工場に押し入って材料を奪取したとかの、噂も
 あり、怖ろしいですね。ガードマンはどこの会社も雇っているのです
 のが、ただの門番で、内部管理や窃盗団対応には全く役に立たな
 い様です。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさん2週間ほど前に、サンデーマーケットこと、チャットゥチャック
 公園に行って来ました。 動物コーナーの犬ゾーンでは、前回訪問
 した時には、パグやレトリバー等が多かったが、今回はチワワ、
 フレンチブルドッグ、シベリアンハスキーが目立った。高めの動物は
 エアコンの入った部屋中に置かれ、人気が落ちて特売系(パグ君)
 は、野外で販売されていました。猫系は、相変わらずペルシャがメ
 インであった。

 日本でのチワワ人気の影響であろう、チワワ=5000バーツ
 (14000円)、フレンチブルドッグは25000バーツ(約6万7千円)
 単純に値段を聞いただけだったので、これから値引きで出来るで
 あろう。。それにしても安く感じた。

 また、シベリアンハスキー君。。。誰が買うのだろうか?タイに最も
 ふさわしく無いワン君に思えるのだが。。。。最近S家のお隣の
 シェパードの子供(生後1年ぐらい)が良く柵を飛び越えて遊びに
 来る、それも無断で、Sさんの朝の出勤時等に目が合うと申し訳な
 さそうに目を伏せるのだが。。。
 もうこれ以上、家族を増やしたく無いSさんであった。

 最後にS毛のフーフー君(ペルシャ猫2歳)が、無事お勤め(出張
 交尾)を果たして先週より帰宅と相成った。ブリーダーの所は食
 べ物が違うのか、グレーの毛が少し黒くなって帰ってきた様に思え
 る。。。脈絡の無いお話ですいません。今回はここまで。

  
 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る