タイの文化(風の大地)のお話

                                 2005年10月吉日 
【ちょっとゴルフのお話】
 Sさん久っさしぶり(今年2回目、2月と9月)にバンプラインターと
 言うゴルフ場へ行って来ました。

 「風の大地」って言う漫画を知っていますか?
 週刊誌に掲載されているゴルフ漫画です、このゴルフ漫画で主人
 公がアジアツアーで訪れた先が下の写真のバンプラインターナシ
 ョナルゴルフ場です。

 このゴルフ場、日本の神奈川にある国際興業ゴルフが親会社で、
 会社更生法を申請したことで、、、、。
 現在メンバー代は。。。ほとんど無価値になっちゃった。。。(>_<)

 

 さて、バンプラゴルフ場は漫画の設定と違ってアジアツアーは行
 われた事がありませんが、ゴルフ場としては、かなり古く国立時代
 からでは数十年のゴルフ場、バンプラインターナショナルになって
 からは、18年ぐらいだったと思います、ゴルフ場は国からの確か
 30年の借地権であった様に思う。

 プロゴルファーの坂田さん?現在はレッスンプロ?が10年ぐらい
 前から、研修生や子供達を伴って良くこのゴルフ場を訪れる様に
 なった事をきっかけに、観光客や地元の人も含めてオーバーブッ
 キング状態になり、Sさんの家から15−20分で行けるロケーション
 にあり、いつも行くメインゴルフ場としていたのでしたが、現在はま
 ず行かないゴルフ場に成ってしまった。 

 その昔は、跳び込みで行ってもプレーできたのに、、、今じゃ予約
 も入らない。。。今では比較的に空いているのはお正月のみになり
 ました。(正月は日本人が帰国してどこでもガラガラ)

 お話変わって、ずーっと昔の事、坂田プロご一行がバンプラに来て、
 コンペが終わり反省会をしていたSさん達に話しかけてきた。

 坂田プロ、スコア表を見ながら
 「Sさんって、どなたですか?」
 「ハイ、私です」
 「まずまずのスコアですね、私の子供達と昼からご一緒しませんか?」
 「折角ですが、ご遠慮します」
 
 小学生と一緒に回ってスコアで負けたら( )がつかないし、「オジサ
 ン良く飛ぶね」何て言われてもうれしく無い、、、と、頭によぎった。

 こののち、坂田さんの連れてきた女子研修生とは偶然一緒に回ら
 せてもらう機会があったが。。。。この時は勉強になった。さすがプロ
 を目指す人は違うなと。

 このゴルフ場、グリーンが堅くて、高い球か、スピンがかけられない
 とグリーンからこぼれやすい、ちょっと難しめのゴルフ場、木も育って
 ますので、面白い、、ハーフ終わって小1時間待てる辛抱心があれば、
 プレーするのも悪くないゴルフ場です。と、言うことはお勧めは平日
 プレーですね。最後に、この日のSさんのスコア、、。43−51=94、、、
 まぁこんなモンです。

【ちょっとコーヒーブレイク】

 「風の大地」と言うゴルフ漫画ある。作者は、かざま鋭一?鋭二?
 Sさん名前を覚えるのが苦手ですm(_ _)m

 Sさんの会社には、この漫画の熱狂的なファーンがいて、主人公の
 沖田がイギリスに渡り、リリーと言うキャディーを雇う章があるのだが、
 このリリーが死亡してしまうシーンをラーメン屋さんで泣きながら、
 懲りずに何回も読み返すのが趣味になっている。

 その横でSさんはギャグ漫画を涙を流して笑いながら、読んでいるので、
 店の人には奇異な中年2人組に映っていることは間違いないでしょう
 。。。。ちょっとした有名人です。

 シラチャーで、漫画を読みながら泣いている中年二人組がいましたら、
 大柄なの方がSさんですので、声をかけて下さいませ。


 いらっしゃいませタイランド。
 
 

戻る