タイ観光スポット(寝仏寺)のお話

                                   2005年9月吉日 
【足の裏も美しい仏像です】
 ワット・ポー、寝仏寺としても有名ですが、タイ古式マッサージの発
 祥の地としても実は有名なお寺なんです。またラマ1世が1788年
 に建設したそうなので、バンコクでは一番古いお寺になります。
 と言っても210年ちょっと。。そんなに古くも無いんですね。現在の
 王様でラマ9世。
 
 寝仏ですが、体長46メートル、高さ15メートル。。見た目の通りキ
 ンキラキンの仏像です。

 実はこのお寺、だいぶ中国風になっていて、タイの他のお寺と比べ
 るとユニークな物が見られます。

 

 顔の大きさは10Mはある。。デカイ。

 

 これは寝仏の足の裏に描かれた螺鈿(らでん=貝殻細工)とって
 も美しい。 やっぱり愛の扁平足ですね。。

 

 これが、寝仏46メートルの全景。  その横には中国風の布袋仏
 に祈りを捧げる女性(可愛かった)

【パット・ポーのユニーク紹介編】

 

 高そうな、お守り(プラクルアン)を展示している。ちなみにお寺の外の
 路地にはお守り屋がたくさん出店を出していた。
 
 
 

 シルクハットを被った仁王像、何だか変でしょ?   
 手前のファランの方が仁王より強そう。。。
 仏像を拝む仏像。。。何となく珍しい。。。

 

 何となく伊豆秘宝館の雰囲気で。。右の西洋人がピタピタ叩いて喜んでいた。
 やっぱり人気の逸品なのだろう、さわり易い左側の方が色が落ちている。

 

 動物神が居るのは、ヒンドゥー教の影響ですね。  
 そしてこれが、マッサージのツボ図

 

 

 これも立派な仏像です。 訪れる観光客は他民族。。インド人、西洋人、
 韓国人、小学生の社会科見学も来ていた。
 入場料は、外国人40バーツ(約110円)でタイ人はもちろん無料です。

 

 これも中華系の塔。。。            
 僧侶の像も奉っている、タイ人は仏像に金粉を付けて拝みます。後ろに
 ちょっと見えるのは寝仏のスネあたり。

【ちょっとコーヒーブレイク:読者の声】
 第331話から、



 「Sさん、出来立ての一番絞りを飲んだのでしょうか?写真にコップ
 が・・・。」

 ビールなら一番絞り美味しそうですが。。。ナムプラー飲んだら。。。
 私でも死にますね。(-_-;)

 この方、某会社の社長さんなんですけど、暗くなるとギャグが冴えて
 。。。m(_ _)m メールをいただいた時間は夜の7時台でした。。。

 そして翌日朝のメール。。。

 「工場は日曜も稼動していたのでしょうか?従業員の姿がありませ
 んね。。やはりナンプラー工場だけに、プラ〜、プラ〜していたのか
 ???( ̄▽ ̄;)」

 オーナーのルースチャイさんは、社員数5名と言ってました。
 
 「う〜ん!5名の社員。。少数精鋭!!醤油精製?」

 朝から飛ばしていますね〜〜今週はハイですね〜〜
 爆笑!”#$%&’  (^Q^)/ 座布団一枚!  古すぎますか?



 いらっしゃいませタイランド。 



戻る