タイの文化(台風一過)のお話

                                 2005年9月吉日 
【今回の台風は凄かった】
 またまた、Sさんの会社の前の運河(用水路)からリポートです。
 第325話でご紹介した台風(パユ)ですが、名前は「パユ・カヌン」
 訳すと「ジャックフルーツ台風」、現在ミヤンマー側へ抜けて行きま
 した。

 **タイの台風に果物の名前が付く様になりました、以前は女性
 の名前(何故か英語の名前)でしたが、何故かしら(?_?)

 下の写真ですが、マングローブの木ではございません。
 運河沿いの街路樹が今回の台風でお風呂(運河)に浸かってくつ
 ろいでいる、シーンです。

 Sさんの工業団地ので浸水はありませんでしたが、バンコクへ行く
 途中のバンプリー工業団地では、一部道路が冠水したそうです。

 
 
 良く観ると根っこから倒れていることが分かります。今回の台風で
 アマタナコン工業団地の街路樹の倒木被害は3ー40本はあっ
 た様に思われます。

【ちょっとコーヒーブレイク】 
 お話変わって。。。
 先日テレビを見ていると、日本では漢字変換の誤字遊びが流行
 っているそうな。 Sさん、そんなこと昔からしょっちゅうです。
 タイ風一家のお話でした。
 
 またまたお話変わって、Sさんの会社には3回も名前を変えた○
 性社員がいる。この社員に言わせると、
 「ランラッキー=チョーク・マイディー」良いことがない、とのこと。

 最初の名前:プ○○○ニー
 2番目の名前:○○ヤー
 3番目の名前:タ○○○ーン

 2番目と3番目の名前変更の間隔は1年も無かったのでは?
 名前を変更する時はお寺に行って占ってもらうそうだが。。。
 3番目の名前はわざわざチェンマイ県(チョンブリ県からは800
 キロ離れている)のお寺に行って決めてもらったそうです。

 タイでは3回まで名前を変更することが出来るのだが。。。。
 名前変更もこれでもうお終い。。。

 しかしこの社員の銀行口座名やクレジットカードの名前は、以前
 のままであるので、当分のランラッキーな状態は続くのではない
 でしょうか。

 Sさんは親に決めてもらった名前が一番良いと思っているのだが。。。

 
 いらっしゃいませタイランド。


戻る