タイの文化(渋 滞)のお話

                                         2005年9月吉日 
【タイ名物はやっぱり渋滞かも】

 写真の場所は、バンコクの中でも最も渋滞するエリアの一つ、ラジャダムリ道路、ロケーション説明
 では伊勢丹の前の道路と言った方が分かり易いかも知れない。

 ここ以外に渋滞危険地帯、アソーク、ペッブリ、スクンビット、サートン通り等々があります。
 給与や支払いがされる五十日(ごとうび)で、雨の金曜日と重なった日には、100メーター進むのに
 1時間近く。。。。バンコクは渋滞の天使の街かも知れません。

 

 夜も更けて遅くなってもこの光景は続く。。。右がインターコンチネンタル、左に伊勢丹。。。
 特別探さなくても、バンコクでは渋滞が見れます。
 なお、渋滞見学には、携帯トイレを持ってお出かけ願います。

 Sさんの渋滞経験自慢

 1)スクンビット通り、エンポリウムデパートからソイ・アソークに出るまで2時間。
   ここは歩いても20分台の距離、金曜日で雨が降っていた。。通常は10〜15分。

 2)シラチャーから空港まで4時間。通常1時間40分〜2時間の距離、この時は
   高速道路の上で事故があり、ニッチもサッチも行かなかったけど、飛行機には間に合った。

 日本人は、トイレの我慢が出来ない国民性からか、渋滞時の準備が必要です。
 
【ちょっとコーヒーブレイク】 
 長女氏君から質問を受けた、「ハーキュリースは、どんなことをしたの?」
 インター学校からの宿題でこれを英語で答えなさい。。であった。

 ハーキュリースは、日本語ではヘラクレスだよな。。。お父さんのゼウスは、英語では
 ゾース方が発音的に正しい。。確か毒を飲まされ。。人間の世界に預けられ。。ライオンと戦い。
 ゾースの奥さんは何故かお姉さんで名前はヘラだっけ?。。。(?_?)オリンポスの山で生まれ。。
 人間界で育ち・・・・。

 一瞬の時間が去った、「お父さんのDVDにハーキュリースがあるからそれを見なさい」
 完璧な回答で自分で自分を誉めてしまった。DVDはもちろん英語も選択できる。。v(~o~)v

 最近の長女氏君の宿題は難しくなってきている、先月の宿題ではシッタルタの一生を英語で書きな
 さいであった。
 この時のSさんの回答は「お父さんは宗教に興味がないので知らない」
 「知っているのは、お釈迦様は、インドでは無く、ネパール生まれのインド育ちが正解」
 であった事を覚えている。。

 長女氏君に物事を教わることも時間の問題かも知れない。。。。

 

 いらっしゃいませタイランド。
 


戻る