タイの観光スポット(シーサケート県のクメール遺跡)
 のお話
                   2005年9月吉日 
【クメール遺跡は不滅です】

 ついにタイ国内クメール遺跡特集の最終話。。。シーサケート県の
 カオヴィハーン遺跡のご紹介。

 断崖絶壁に建つ幻のクメール遺跡カオプラヴィハーン、何で幻かと
 言うと最近までカンボジア側の国境がしまっていたため、行くことが
 出来なかった事と、遺跡への道はタイ側の国境から入りカンボジア
 に至り崖の上に遺跡があること。。。

 行き方は、バンコクからウボン県までを飛行機で移動し、その後は
 車で移動が一般的です。
 国境が空いたことを機会にタイ国内ツアー(大人15500バーツ=
 約4万円)も組まれていますので、行くのなら今がチャンス、いつまた
 国境が閉まるかは不明です。
 
 それでは、写真提供者のSさんの弟氏に感謝しながら、幻のクメール
 遺跡「カオプラヴィハーン」のご紹介です。

 

  

  

 

 
 
 これが有名な崖の上だと、そして右の写真はカンボジアとラオス
 の国境なんだと。。

【旅行者よりのコメント】
 はっきり言って、写真では伝わらないと思いますので自身で行って
 見るのが一番かと思います。
 バンコクからエアーでウボン(2,200バーツ) ウボンから車で2時間。
 行く価値はありです。 『因みに、入場料』
 ・タイ側の国立公園入場料 外人200バーツ 
                   タイ人 フリー
 ・チケット代(タイ側) 一律 5バーツ
 ・チケット代(カンボジア側) 外人200バーツ
                   タイ人 50バーツ

 国境線上の遺跡、何時閉鎖されるか分かりませんので空いてるう
 ちに是非どうぞ。

 弟様曰く「2時間はたっぷり歩くので、運動靴がお勧め、Sさんが行
 ったブリラム県のカオパノムルン遺跡に比較して約3倍の規模」出
 そうな。。「その上、柵も無し、遺跡も放置しっぱなしで未整備の状態」

 手の入っていない、遺跡を見るなら、今がチャンスですね。

 
 いらっしゃいませタイランド。



戻る