3:果物の王様ドリアンの話(果物シリーズその3)        http://www.kohbyo.co.jp/       

タイ語で:トゥーリアン。 主なドリアンの種類(この他にも
数種類あるようです)

・モントーン(??名前なので訳せません):この種類が一番おいしく、
   種も小さくにおいも少ない。冷蔵庫で冷やして食べると、おい
   しいです)

・チャニー(手長猿の意味):種が大きくて、においもきつめ。
   人によってはウ○コの様なにおいと言う方もおります。

・ジョラケー(ワニの意味、ワニの背中に似ている)種はモントーンと
   チャニーの中間。

 このドリアンですが、実(外皮)がギザギザの角錐の様なトゲに覆われた
 黄土色の皮で、ラグビーボールに大きなトゲを付けたような果物をイメージ
 して下さい、の中にクリーム色の実を付けます。1つの実が4−6個のブロ
 ックに 区切られて(仕切られて)おり、各ブロックに3−4個の実の固まり
 (1個5センチ×4センチの円筒形)がついています。

   これは大きい方のドリアンですが、小さい物でも子供の頭ぐ
 らいになります。

 現品を確認したい方は、新宿アルタ横のフルーツパーラーで見て下さい、
 時期的には4−6月に収穫され売ってます。

 さて、このドリアンですが大変不思議なことに、実は枝からも幹からも生え
 て出ると言う変わった果物です。

 (他に幹から実が出る果物に「ジャックフルーツ」と言うものもあります)

 ドリアンの味はカスタードクリームの様で冷やして食べるとにおいの少な
 くなりよりおいしい)
 カロリーはとても高く、実の固まりを3−4個食べるとお腹一杯になれます。
 間違っても1個の全てを一人で食べない方が良いでしょう。

 また、お酒と一緒に食べると危険と言われ、シンガポールでは、お酒とド
 リアンを一緒に食べることを勧め、食べた人がもし死亡した場合は、殺人
 罪が適用されます(本当のお話です)公共の乗り物中での持ち込みは禁
 止されていますので、始めての方は、中の実を取りだしてパックされた物
 を買ってから試した方がよろしいと思います。
 (もちろんホテルへの持ち込みの禁止です)

 ドリアンは、何故か中国人に受けが良く、3−6月のタイからの香港、シン
 ガポール向けは、貨物便の予約が難しい程、輸出され(輸出メーカーは
 大変迷惑の季節になります)ています。
 中国人はやっぱり何でも食べる民族の様です。気になる価格ですが、
 1キロ:80−100バーツ(240−300円)1個3−4キロはありますので、
 1個1000円前後になります。新宿では、5−7000円位で 売っていました。
 (実を振り回すと立派な凶器になりますので、気を付けて下さい。      つづく。

戻る