タイの文化(お風呂)のお話  

                              2005年7月吉日 
【タイ人は日本式お風呂が嫌いです】

 こんにちはSさんです。

 タイの大学で新入生が、入学行事のセクハラを苦にして自殺する
 云う痛ましい事件が起こりました。

 以下は新聞からの抜粋記事です。 
 
 毎年大学の新学期が始まるたびに、一種の新入生の通過儀礼と
 なっている大学の伝統に則った新入生歓迎行事が話題になります
 が、多くの場合通過儀礼を通り越して先輩による新入生に対する
 しごきやセクハラの場と化しているとの感も否めず、今年も既に
 地方の大学で炎天下でウォーキング(建前上)を強要された学生
 20人以上が病院で治療を受ける事態になったり、意識調査で多く
 の大学で飲酒の強要やセクハラ行為、暴力行為が恒常化している
 実態が明るみになり各界で議論を呼んでいましたが、
  
 **日本も入学シーズンになると急性アルコール中毒で死亡する
 学生が発生するので世界的な取締が必要ですね。悪習は悪臭です。
    
 ここに来て先週ガセーッサート大学の地方分校の新入生が歓迎
 行事を苦に自殺する事件が発生し、今週初めには教育省高等教
 育局が各大学に対して内外に於ける新入生歓迎行事を中止する
 様要請する通達を発するに至っています。
  
  **Sさんの家の近くにもガセサート(農業)大学の分校があり、
  ここの生徒に奥様自慢の庭の設計施行をお願いした経緯があり、
 人ごととは思われません。

 その様な状況の中で、昨日には新入生の男女が先輩の命令によ
 り猥褻な行為を強要されているとされる写真がwww.pantip.com
 投稿され、更に波紋を広げる結果になっているようです。

 

 問題になった投稿写真。
 
 コム・チャット・ルック誌やカーウォ・ソット誌の報道によると、
 今回の写真の投稿を受け、教育省大臣顧問のトサポン・セーリ
 ーラック氏は、現場となった大学(私立大学若しくは私立の商業
 系高等職業訓練課程校との説があり)及び猥褻なイベントに関
 係した学生の特定を急ぐよう関係機関に要請すると共にかかる
 行為を強要した学生のみならず大学の幹部に対しても厳格に
 法的な措置を講じる(国立大学の場合は更に厳しい措置)、
 若しくは個人の責任の追求が不可能な場合には、かかる行為が
 放置されている問題がある大学に対して予算支給の中止やカッ
 トの措置を講じる方向でアクションをとることを示唆しているよう
 です。
 

 伝統と言う名前を借りてのやりたい放題は、やっぱり危険ですね。
 Sさんも自分の子供が将来こんな仕打ちを受けたらと思うと。。。
 奇習はどこの国でも止めましょう。
 自分がやられて嫌なことは人にはしないと言う気持ちを持ってい
 ても、集団に入ると個人の意志は流されるのは、どこのお国でも
 同じかも知れませんが、まずはNOと云う勇気ですね。

 この記事を読んで、Sさん外国に来て羽目を外すお偉いさんが多
 いことを思い出してしまいました。いい大人が日本では絶対しない、
 出来ないことも旅の恥はかき捨て。。。
 現地に住んで日本人代表者としてタイ人、日本人に限らずその国
 を代表できる文化(奇習はダメよ)を構築していきたいと再度思う
 Sさんでした。

 良い事、悪いことも合わせてご紹介、反面教師ですね。
 (偶に教師役に回るSさんはこの記事を読んで大反省でしたm(_ _)m)


 いらっしゃいませタイランド。 つづく。

戻る