タイの文化(王様の家)のお話  

                               2005年6月吉日 
【タイの王様の家には牛がいた】
 こんにちはSさんです。
 Sさんお休みの日に、バンコクへ行きその帰り道に、たまたま王様
 の家の前の交差点で車が駐車しましたので、その時の写真とお話
 をご紹介です。

 まずは王様の家はどこにあるのか?エメラルド寺院に王宮があり、
 その前が王宮前広場の名称で親しまれていますが、王様はエメラ
 ルド寺院にはお住みになっておりません。

 現在、王様が住んでいるのは、国会議事堂とドゥシタニ国立動物園
 のある一角に住んでおられます。

 写真では分かりづらいかも知れませんが、王様の家の周りには幅
 4メートルほどの堀があり、勝手には入れません。もちろん柵の間
 に機関銃を持った衛兵が立っていますので、一般進入はまず。。。。

 先日、王様の飼っている犬が逃げて、見つけた人には4万バーツ
 (約11万円)の懸賞がありましたが、結局犬は家の敷地内で兵隊
 さんが見つけたそうです。確かに広そうな敷地です。

 正面玄関の近くには牛舎が牛が一杯居ました、きっと馬も鶏も飼わ
 れて居るのだとおおわれます。
 
 もしドゥシタニ国立動物園へ行く機会がこざいましたら、王様の家の
 前を通ることをお勧めします。

 目印は、若かし時の王様とお后さまの写真です。

 
 
 この看板が目印です。

 
 いらっしゃいませタイランド。


 つづく。

戻る