世界の名所(ドイツ)のお話(その2)              http://www.kohbyo.co.jp/     

【ドイツ人について】 

 Sさんのイメージするドイツ人は、男性も女性も細めでがっちり
 タイプでした。。。。
 でもSさんがドイツで目にしたドイツ人は、あまりの巨体にびっくり。。。
 Sさんも東洋人としては巨体?恰幅が良い?太め?ただのデブ?
 科に属している方と思っていましたが、ドイツではしっかり小〜中柄
 になってしまいました。

 女性も同様で体重が60キロ台と思われる女性を見かけると思わず
 「小柄だな、、」と思ってしまうほど、
 巨体の国でありました。どこの国もグラビアで見かける様な美人さん
 は少ない!少数民族の様です。

 おまけにとてもたばこを吸う女性が多いのにびっくり。。。。お客様
 の会社のキャンティーン(食堂)も禁煙エリアとスモーキングエリアに
 レールカーテンで仕切られていましたが、圧倒的に90%の女性は
 スモーキングエリアで食事をとっておりました。
 
 また、男性ですが30代前半でもフケ顔の上、ハゲている方が多か
 った、また丸刈りやスキンヘッドのヘアースタイルも異常に多かった。
  (スキンヘッドはヘアースタイルと呼ぶのか?)



 ドイツならSさんも普通の体型です。 太って見えるのは着ぶくれ、、
 外は零度以下(−4℃)

【ドイツの食堂】
 50%50%でお弁当、キャンティーンの食事に分かれていました。
 でも三段腹の上を行く、三段背中のお嬢さん達も、サンドイッチの
 タッパー持参(あれで足りるのだろうか???余計なお世話?)

 ドイツの食堂でお水の自動販売機がありまして、水(スティルウォー
 ター)と炭酸水(スパークリング)が売っていたのは驚き、炭酸水は
 胃腸に優しいとのことで、スパークリングの方が売れていました。
 Sさんも試してみましたが、ゲップでて飲みづらいものでした(最後
 は炭酸水の方がおいしかった)
 Sさんは環境になじみやすい体質の様です。



 ハンブルグの市庁舎

【ドイツのタクシー】
 ハイご期待通り、ドイツのタクシーはベンツでした。ドイツはチップの習慣
 がなく日本人には勝手が良いです。領収書も手書きで発行してくれます。
 英語も50%以上は通じますので便利です。
 ドイツは右側通行なので助手席に乗るとちょっと怖いですが、これも慣れ
 の内でしょう。アウトバーンは時速140キロで走行する快適な道でした。
 (何で日本はお金を取るのだろう。。。)

 お話それますが、外国のタクシー利用では扉を自分で開けて自分で閉め
 るのが当たり前、日本はすこし過剰サービスだと思う。 腕や手を怪我し
 た時だけはありがたいサービスだと思うだろうが。


 Sさんの泊まっていたホテルの裏にある大型スーパー(左建物)と教会。


 ドイツ行くならタイランド経由でいらっしゃいませ


                           まだまだつづく。。。。


戻る