Sさんからお勧め本のお話  

                                   2005年6月吉日 
【最近お勧めできる本を読みました】
 サワッディークラップ、Sさんです。
 ついにSさんのシャム行き歴も18年目に突入しました。。。
 思い起こせばあっっと言う間の18年だった様に思います。

 さて、今回のお話は、本の紹介で御座います。実はSさん本を
 読むのも趣味でした。

【太公望:宮城谷昌光、全3刊(文芸春秋社)】


 太公望は、釣りをする人かと思っていたのですが、偉かったん
 ですね。。。
 この宮城谷さん、日本の誇る中国歴史物作家の第一人者です。
 この作者の本を何冊か読んだことがあるのですが、太公望が
 一番お勧めです。
 謎の多い太公望の生い立ちや青年期を中心に構成されており
 ます。

【オルタード・カーボン:リチャード・モーガン、全2刊(アスペクト社)】



 この本、いただいた本でしたが、これがなかなかおもしろかった。
 ジャンル的には、SFです。未来の人類は、自分の記憶をデジタル
 化して、体が古くなった時には、自分の記憶をスリーブと呼ばれる
 肉体を転送し体を交換して生き続ける未来が待ってました。。
 不老不死の不思議な世界を描いて居ます。もう既に、映画化も決
 まっているそうです。


【火の粉:雫井修介、全1刊(幻冬文庫社】

 
 裁判官が、昔殺人罪容疑の男を無罪判決をした。。その男に退官
 後に付きまとわれるという。。。ちょっと怖いお話です。裁判官側か
 ら見た本は、むかし赤カブ検事物がありましたが、こちらはシリアス、
 サスペンスタッチです。
 
 観光に飽きたら日本の本でも読んで脳味噌の休養をお勧めいたし
 ます。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 最近Sさん、会社へベルトをせず?忘れて?に出社する頻度が多く
 なりました。。。ベルトがいらなくてもズボンはお腹で止まるせいかし
 ら。。。。中年の体系Sさん。

 ズボン編の続き。。。
 Sさん先月5月が誕生日でして、Sさんのスタッフからリーバイス赤
 タグのGパンをプレゼントされました。(ちなみに昨年はGジャンをい
 ただきましたので、これでセットを成りました。)

 いただいたサイズはSさんにちょうど良いと思ったのでしょうが、
 ワンサイズ大きかった。このサイズならベルトが必須ですね。。。
 自宅で穿いてみたら、お尻が出そうになりました。さてGパンの裾です
 が、少し長いのですが、ブーツを履いた事を想定し、そのままで使
 用中です。 

 Gパンでも人が穿かずに、床に置いてみると怖ろしいほど大きく感じ
 られます。
 こんなサイズのGパンを穿く人は誰が居るのかしら?(?_?)?と自分
 のGパンであることも忘れてしましました。

 パタヤに行くと小柄なSさんなんだけでど。。今年こそダイエットですね。。。。

 
 いらっしゃいませタイランド


 つづく。

戻る