タイの文化(麻薬撲滅)のお話  

                                   2005年6月吉日 
【今回は麻薬のお話です】
 麻薬の話と云いますと一般的に縁が無い様にも思われますが、
 タイでは年間10万人単位での麻薬検挙者が発生するそうです。

 タイの場合、汚職が文化にもなっていますので、この手の統計
 が出ると必ず警察から反論のコメントがでます。警察が一般的
 な収入源とするのは、交通違反による反則金のはずなのですが、
 主な副収入源として、麻薬、風俗店、違法労働社と者、賭博関
 係等からのミカジメ料?賄賂?手数料によってなりたっています。
 と、云われています。
 
 署長さんクラスになると、月30万円=10万バーツほどの副収
 入になるとか、ならないとか。。公務員給与との比較で行くと、
 副収入の方が、4−5倍も。。。。

 先日、Sさん会社の都合で地元の所長さんと昼食を一緒にする
 機会がありました。
 会社からはSさんを含めて2名、お相手は、所長を含めて9名
 いらっしゃいました。もちろん昼食代は、Sさん側の負担です。

【その時の所長さんのコメント】

 「皆さんが思っているより警察官は忙しい」
 「休みも取れない、24時間営業」
 「一般市民が警察の利用方法を意外と知っていない」
 「麻薬撲滅を最優先事項として活動」
 「御社は麻薬セミナーしましたか?」

 と、云うことでSさんの会社は、警察官を社内へお招きしてして
 の「麻薬セミナー」実施の運びとなったのです。

 「セミナーを受けた会社は、白い工場=ローンガーン・シーカ
 ーウと呼ばれて、良い会社と評価記録され、セミナーを実施し
 ていない工場は、黒い工場= ローンガーン・シーダム」
 と呼ばれて、警察の監視対象になるとの事でした。

 ちょっと話はそれますが、所長さんに同行した、警部さんの指
 にはまっているダイヤ入りの金のリングへ目が行くSさんでした。

 何とも言えない内容ですが、、、Sさんの会社は、セミナーのた
 めに120名全員を仕事に影響を少なくするために2日間、
 各60名に分け、午後5時から2時間講習を総額:
 5200バーツ(約15000円)。。。を実施致しました。

  

【ちょっとコーヒーブレイク:麻薬編】


 2003年度のタクシン首相により麻薬撲滅運動で、
 約3000名と言われる死者が発生しました。汚職警察官の
 口封じによる、麻薬密売人の射殺とも言われています。
 (あまりにも死者が多いので途中で警察から人数を発表し
 なくなりました)

 この時確かに検挙者が多かったので、タクシン首相は成果
 を誇っていました。この時、プミポン国王は、
 「自分の成果がある時は黙り、誇るものでは無いと母親から
 教えられた」と言う内容のコメント仰っていましたのを覚えてい
 ます。
 
 2005年に入り、警察とぶつかる麻薬販売ルートは一掃さ
 れ、警察の監視下(傘下?)
 または、警察に覚えの良いルートだけが生き残った現在、
 警察の収入は激増しているとも言われております。
 コンペチターをホロコーストしたので、市場の占有率が上が
 ったのは間違いないですね。

 さぁ、警察が自分の足切りや既得権の放棄をどれだけ出来
 るかかが、今後のタイの麻薬撲滅を左右することに成りそう
 です。タイの警察官はお金持ちです。
 取り締まる者も販売する者も警察官が絡む不思議な国アメ
 ージングタイランド。



 社員も仕事の時より熱心です。

【ちょっとコーヒーブレイク:道路のお話】
 バンコク方面リポーターのMさんより投稿記事です。Q&A
 形式でご紹介です。
 
 バンコクには、いろいろな名前の通りがある。(タノン=
 道路です) でも、タノン ピサヌローク を走ってもピサヌ
 ロークに着かない。  以下同様
  タノン ペップリー
  タノン シィ アユタヤ
  タノン スコータイ
 などなど。名前の由来をご存知でしょうか?

 確かに鋭い処を突いて来ましたね。。。Sさんも知りません。
 一度、道の名前の由来を調べて分かったらご報告致しましょう。

 と、云って気を持たせるのも何ですから、Sさんすぐにスタッ
 フに聞いてみました。

 「道の名前の由来は歴代の王様が県名を取って付けました、
 県興しの意味が あるとおもいます」
 「本来、タイ全土の76県が揃わなければならないのすが、
 タイも新しい道や橋を造って居るので将来的には全部揃う可
 能性もあります」とのことでした。

 答えは、道に県名を道に付けてその県を有名にする、その道
 で県名にちなんだ
 活動をさせるでした。(*^_^*)
 
 追伸
・昨日のミスユニバースは、ミスカナダでした。以外でした。
  Sさんお勧めの娘さんが優勝できずに残念です。
・今日6月1日から高速道路を荷台に人を乗せた車が走れ
 ないそうです。タイ名物がまた減りますね。タイでは自動車の
 定員が明確でないため、何名でも車に乗れているのが現状
 です。Sさんの工業団地でも、大型トラックに作業者を30名
 も乗せたトラックが往来しています。
   
・七月から歩道の屋台が禁止になるそうです。
 これもタク新首相の政策ですね、屋台に生計を依存してい
 る立場の方々の事も理解していただきたい。。。

 その昔、Sさんがタイ語学校に通っていた時の大家さんは、
 新聞や雑誌の屋台を開業していました。今もそれで生計の
 足しにしているはずなので。。。タクシンさん、ご配慮願います。
・物乞い撤廃作戦によりBKKの歩道橋に物乞いが居なくなり
 ました。物乞いは、以前チュウルドレン・ファンデーション
 (子供財団)に行った時に話を伺ったのですが、障害者の
 子供の売買、外国の子供(ラオス、ミヤンマー、カンボジア)
 の場合腕を切り落として、物乞いの哀れを誘う事が問題に
 なった時期もありました。

 最近は、眠り薬を使った子供のそばで他人のおばさんが、
 物乞いをする事もなくなった。
   
 しかし、目の不自由な人が、音楽を奏で生計を立てている方
 もいるので、一辺倒の管理に対して目こぼしをする、おおら
 かさを期待したいSさんです。

 一度決まった法令でも、改正も可能です。 ちなみに目の不
 自由人へ楽器をレンタルするシンジケートもあり、タイ経済の
 地下組織のしたたかさを思い起こす今日この頃です。。。

 Sさん、子供の花売りや、身体障害者の物乞いを見ると、、
 すぐにお布施を上げていまう、タイ人化した中年になりました。

・タラホテルのランチビッフェ(299B)ナカナカでした。
 Sさんもここで昼食を取った事がありますが、まずまずの
 お味です、一度お試しあれ。


 いらっしゃいませタイランド、麻薬撲滅活動の国タイランド。
 投稿記事、ご質問も随時お待ち申し上げます。

  
 つづく。

戻る