タイの文化(プリペイドカード)のお話 
                                2005年5月吉日 
【タイの携帯はプリペイド式】
 こんにちは、Sさんです。5月始めてのお話です。

 最近のタイの話題から、携帯電話のプリペイドカードを購入す
 る時にIDカードが必要になると言う話のご紹介です。

 タイ政府が、携帯電話のプリペイドカードの購入に条件を付加
 と言うニュース、斜め読みしていたニュースをもう一度ちゃんと
 読んでみましたら、真相は、

 1)南部タイ4県ではプリペイド携帯電話のユーザーは、5月15日
  までに身分証明書を提示してSIMカードの登録を行わないと、
  以降一切使えなくなる。他地方から南部タイ4県に仕事や 旅行
  で移動したユーザーのプリペイド携帯も同様。

 2)5月10日以降はプリペイド携帯電話の新規購入者は身分証明
  書を提示し、店側はそれを記録する義務がある。

 ということのようです。タイ政府は全国で2千100万人以上もいると
 いう既存プリペイド携帯電話ユーザーの後追い登録も実施する
 意向のようですが、それに手を付けたら収拾がつかなくなるでしょ
 うね。

 この先、朝令暮改でどう転ぶかわかりませんが。。。。外国人が
 プリペイドカードを買う時にはパスポートを見せるのだろうか?
 
 現在はコンビニ等で気軽に売ってくれるプリペイドカード、タイで
 はワンツーコールと言われて、庶民の必需品となっております。

 まったく別件ですが、Sさんの息子はこのプリペイドカードを集める
 のが趣味になっております。



 このカード、1−2CALL
 タイ語でサワッディーと書いてあり、Sさんの息子の一番気に
 入ってるカードです。
 
 外国からタイへいらっしゃる方には直接関係のないお話ですが、
 タイの文化の一端をご紹介まで。

 いらっしゃいませ、タイランド。



戻る