世界の名所(ドイツ)のお話                   http://www.kohbyo.co.jp/

【11月○○日、Sさんはシャム行きドイツに行くことになった】 

この旅で一番かわいかったドイツ人(ハンブルグ市長前のクリス
マスパレードから)
顔に星☆マークの化粧をした子供達がいっぱいいました。子供が
化粧するとミョーに色っぽく感じられるのは、Sさんだけでしょうか?
(Sさんはプチロリコンの様です)
 タイを出発したのは夜11時55分、はっきり言ってSさんは眠かった。
 さーこれから1日かがりの移動の始まりです。いつもの如くエコノミー席
 です。私のお隣さんは小柄な方で、そのお隣からは、、、タイのボディー
 ビル大会にいらしたドイツ人のご一行様で、飛行機の中は右も左も筋肉
 もりもりマッチョマンの専用機となりました。(このマッチョマンさん達は皆
 頭を坊主刈りにして、11月の下旬にランニングシャツ1枚のいでたちで
 したSさんはいつもの様に通路側を予約したので(ココならオーデコロン
 とワキガが来づらいと)一人ホッとするSさんでした。

 最近「エコノミー症候群」と言う言葉が流行っておりますが、本当です狭
 いエコノミーに座りきりになり10何時間と経つと間違いなくエコノミー症
 候群さんはいらっしゃいます。Sさんもつらかったですが、ドイツのマッチョ
 マンさん達も大変そうでした。このつらい環境の中でもSさんは少し優越
 感を発見しました。

 ドイツ人はとても足が長く、イスに座るとヒザが前の席に当たるのです。
 「フッッッ」Sさんはさりげなく微笑を一人浮かべ(私の方がエコノミー症
 候群になりづらいと言うことに)この逆境化の中でも生きていける自
 分を偉いと感じてしました。やっぱりボディービルダーよりサラリーマンの
 方が強かった。。。。(どの様な環境化でも人間は幸福を追い求められる
 のです)バンコクを離れ、アフガニスタン(ついこの前ロシアの旅客機が
 落ちた所)の真上を飛びルフトハンザ航空の飛行機は一路フランクフルト
 空港を目指すのでした。


【ちょっとコーヒーブレイク】』
 先日、テレビで国連職員のインタビューニュースがありました。
 アフガニスタンの子供達に「貴方の夢は何ですか?」との質問に「毎日
 リンゴが食べたい」とのシーンがあり、Sさんは思わず涙してしました。
 その国連職員は「学校に行きたい」等の答えを想像していたとの事で、
 翌日その子にさっそくリンゴをプレゼントしたそうです。
  
 Sさんはこのエコノミー症候群の環境化でアフガンの子供の気持ちと言う
 には申し訳ないですが、ささやかな幸せを望む厳しい環境の疑似体験が
 できました。

 お話を元に戻します。
 ハイこのルフトハンザ空港ですがSさんは初めてでしたので、ちょっとご紹介、
 まずイスが皮製で(北向けなので少し冷たい気もしますが)豪華に感じました、
 おまけにエコノミーなのにヘッドレストが付いていてつらい長距離移動に貢献
 をしてくれました。でも席と席感覚が狭く感じられ。。。。つらかった。
 

【フランクフルト?ソーセージ?】 
 翌日の何時か??フランクフルト空港に着きました、これからはハンブルグ
 HUMBRUG(ハンバーグって読める)空港への乗り継ぎです。フランクフルト
 空港は、一部工事中で、国内線乗り場へは、たっぷり1kmは歩かされました。
 タイとの時差は6時間です(日本から8時間)時計を修正。フランクフルトは、
 ドイツ中央部、移動するハンブルグは、ドイツ最北端(東京から北海道への
 移動と同じ)。。。。まだ着かない。。。そこからまた、アウトバーンをTAXI
 120キロでたっぷり1時間強走りやっと、ノミュンスターと言う田舎の某関西
 系の家電メーカー社の工場へ到着、ココまでの移動時間は16時間、
 
 それから、直ぐ会議、、、1.5時間、それからお仕事8.5時間=合計27時
 間の過酷な1日が終わり、ホテルに。。。それから夕食、ぐったりして眠ろう
 と思うと時差ぼけ。。。で眠れない。。。。



 フランクフルト空港から乗った女性運転のベンツタクシー、と言うかほとんどの
 タクシーがベンツだった。

 バックミラーの上に付いているシグナルは速度の表示です。


いらっしゃいませタイランド経由でドイツ〜

                           まだまだつづく。。。。


戻る