タイの観光スポット(スリン県)のお話 
                          2005年4月吉日 
【Sさん象祭りで有名なスリン県へ行って来ました】

 Sさんスリン県へ行って来ました。スリンの町は非常に小さく直径
 1キロもない大変小さな町でした。

 このスリン県、バンコクから450キロ、Sさんの住むチョンブリ県
 からは約600キロ弱離れております。

 通常スリン県と言いますと『象祭り』毎年11月中旬に2日間だけ
 開催される象祭りが有名な所で、それ以外は、なーんにも無い田
 舎。。。と言う所に、季節はずれの4月に行って来ました。

 下の写真は、スリン駅前ですが、いかにホノボノとした小さな田舎
 町か分かるとぞんじます。
 特に駅前の象の像は、ガイドブックに載るほどで、如何に何もない
 県かを物語っています。

 さて、スリン象祭りは、タイ国内でも有名な祭りで、数100頭の像
 が飾りを着けて市内をパレードするのは圧巻です、SさんTVでし
 か見たことございませんが、市内の雰囲気はしっかり味わってきま
 した。

 

 スリン駅の正面と駅構内、もちろん単線です。

 

 列車を待つ人は床に座って待てるほど長閑な田舎、 
 駅前のゾウ像(コーンクリート製) 

 サンダルも脱いでくつろいでいますね。

 

 駅前の3輪自転車タクシーと、最近は自転車タクシーは本物の
 田舎にしか無くなりました。
 理由は車が多い県では交通の邪魔になり。。。スリンは長閑な
 田舎町(県庁所在地なのに。。)

 右の王家の写真は、比較的直近(と言っても3−4年前?)と思
 われ実際とのギャップが少なく好感が持てます、場所によっては
 3−40年前の写真を掲示する所もあり、ジャロへ電話したくなり
 ます(^O^)。
 王家は、タイ人の尊敬の対象です。スリンの町は県庁所在地と
 思われないほど小さな町であった。

 知らなければ通り過ぎるぐらい小さな田舎町スリンですが、お時
 間がございましたらお立ち寄り願います。


 いらっしゃいませ、タイランド。


戻る