タイ美味しい物語のお話 
                     2005年4月吉日 
【Sさんダチョウとワニを食べました】
 こんにちはSさんです。
 Sさんついに念願のオーストリッチステーキと、クロコダイルステー
 キを食べる機会に恵まれましたので皆様へご紹介です。

【まずは楽しい会話教室から】

 1)ダチョウ=タイ語で、ノックカジョ。
 2)ワニ=タイ語で、ジョラケーッ
 3)ステーキ=タイ語で、ステーク(日本語より英語風です)
 4)美味しい=アローイ
 5)美味しい=ラオス語で、セープ
 6)ソーセージ=タイ語で、サイゴープ。
 7)目玉焼き=タイ語で、カイダーオ
 8)ソース=タイ語で、ナームチム。
 9)ニンジン=タイ語で、キャロット(英語です)
 10)レア焼き=タイ語で、ディップ、ディップ
 11)ウエルダン=タイ語で、スック、スック
 12)ミディアム=タイ語で、ポーディ、ポーディ。
 13)生ビール=ビヤ・ソッ
 14)一つ=ヌン
 15)二つ=ソーン
 16)もっと下さい=コオ、イーク

 さぁ、それでは、ステーキの注文です。頼んだのは、ダチョウステーキ
 とワニステーキとソーセージセット、それに生ビール。
 
 ・ステーク、ノックカジョ、ヌン=ダチョウステーキを一つ。
 ・ステーク、ジョラケーッ、ヌン=ワニステーキを一つ。
 ・サイゴープ、ヌン=ソーセージを1つ
 ・ビヤソッ、ソーン=生ビール2つ

 Sさんがステーキを食べたレストランは、チムガジェウと言うコラート県
 にあるお店ですで、オープンタイプの素敵なお店でした。ちょっと蚊が
 多かったので、蚊取り線香を注文ました。

 

 店の正面、看板(テレビ局の9チャンネルとITVの取材を受けた
 ことがあるそうな。


  

 左がダチョウステーク     右がソーセージセット

 

 そして、ワニステーキ  と、雑草サラダ。。

【さぁ、味の紹介です】

 ステーキは、みんな厚みが1.5〜2センチ厚、重さは300グラム
 ほどでした。

・ダチョウステーキ:250バーツ(750円)
 写真では分かりづらいのですが、肉質は赤身で牛肉とそっくりあった。
 黙って出されれば大半の方が、牛肉と思い食べると思います。
 もっとジューシーと聞いていましたが、Sさんが食べたステーキは普通
 でしたが、とても食べやすいお肉でございました。

・ソーセージ:250バーツ(750円)
 ドイツ風の粗挽きソーセージが何種類も茹でて出てくると思っていたの
 ですが、細かく挽かれたソーセージが焼かれて出てきました。まぁ可も
 なく不可もなくと言うレベル。

・ワニステーキ:350バーツ(約1050円)
 てっきり赤身を想像していましたが、こちらは白身。。見た感じは鶏肉
 そっくり、肉の厚みは約2センチで焼き具合は、外側がミディアムで、
 中がレア(ちょっと赤かった)。 味は、焼きのあまい 鶏肉。。。たぶん
 これ以上焼くと堅くなってしまうのだろう。。
 一緒に同行した方も『毎回この焼き具合で出てきます』と仰ってました。

・雑草サラダ:無料です
 確かに雑草です、完食出きる方はまずいないでしょう。完食すると値引
 きがあるとか。。
 何か無いと食べたいと思わせる物はありませんね。草によっては臭いが
 きつく、苦がかった。それでもSさんは約20%を何故か食べてしまいました。

 と、言うことでコラート県方面にいらっしゃった際には、ダチョウステーキ
 はお勧めです、美味しかった。
 ワニステーキと、雑草サラダは話の種に一度食べればもう充分という
 レベルに感じました。

 このお店、焼き具合の指定もなく、またステーキは自動的にソースがか
 かって来ます。もし他の食べ方(レア、ソース無しとか)をトライした方が
 ございましたら、Sさん迄お便り願います。
 
 ちょっと話は変わりますが、昨年シラチャータイガーズーで、ワニの口の
 中に頭を入れるショーで、頭を囓られる事件が起きました。
 Sさんタイ人の敵討ちにワニを囓って来ましたので。。。ちょっと興奮。。。
 ワニには回春作用があるのでしょうか?でももう2度と食べることは無い
 と思いますがぁ。

 世界美味しい物語、タイからのご紹介でございました。
 ちなみに、このお店で、ダチョウの卵焼きがあるか聞きましたが、オーダ
 ーには無いそうです。
 一度ダチョウの卵焼き食べてみたいと思うSさんからリーポートを終わります。

 いらっしゃいませ、タイランド。

 
 つづく。

戻る