タイの文化のお話 (その1)                   http://www.kohbyo.co.jp/ 

【まじめにタイ文化のお話】

 ハーイ、シャム行きさんのSさんです。

『シャム行きとは。。。』

 日本であぶれて、タイで働くサラリーマン、出向完了後に帰社しても机の
 ない人達
  (現代用語辞典より)    ウーソです。載ってません。

 さて今回は、とってもまじめなタイ文化についてご紹介申し上げます。


【タイの国土】

 日本の1.3倍と言われております(何平方KMか?知りません)でも平野
 面積率が多いので、実質的には、日本の2倍以上の土地に感じております。
  形は「手斧」の様だ
 と言われております。(手斧?石の斧?に)見えます?
 ゾウの横顔にも見えますね。


【タイの気候】

 一般的な区分けですが、
  ・3−5月:夏(ルドゥーローン=暑い季節)
  ・6−10月:雨期(ルドゥーフォン=雨の季節)
  ・11ー2月:乾期(ルドゥーヘーン=乾いた季節)
 の3季に分けることができます。でも最近はエルニーニョばやりで季節に偏
 りが出てきている様に思われます。

 私の住んでいるチョンブリ県では、朝方25−6度、日中30度と年間を通し
 てあまり変わりがないのが普通ですので温暖と言えるでしょうか。

【タイの人口】

 約6200万人、日本の約半分と言われております。±100万人??
 食料自給率が200%と言われているタイ国しては、人口が意外と少ない?
 気がします。(日本の食糧自給率は30%位。。)県数は76県
 

【ちょっとコーヒーブレイク】

 日本以外のどこの国にでも言えることですが、その国の人口と言った場合
 約OO万人としか言えません。その訳ですが、外国は日本と異なり戸籍制
 度が充実してない、裏返せば地続きのため人口総数を把握する事が難し
 い事にも起因します。

 タイの場合は日本と違って、国境周辺には山岳民族(チャオカオ)等の少
 数民族が勝手に移動しちゃうし、(住所不定?その国に所属し無くて生き
 ていけるたくましい方々がいる)おまけに子供が産まれても登記しない人も
 未だにいるそうです。
 特に田舎の方では、今でも誕生日よりかなり遅れて登記する人もいるそう
 です。
 
 しかし現在病院で出産する人は、病院の方が役場に届けるのでかなり整
 備されて来ているそうです。

 また、タイの南部地方には漁民(チャーオ・プラモン)と言われる少数民族
 も居て半裸(ネーションの特集で見ましたが、裸が見たくなる様な女性は
 居ませんでした、期待して損しちゃった)の生活をしている人々も居るとか。
 。。タイは広〜いです。


【タイの宗教】

 仏教徒:90%、キリスト教徒:4%、イスラム教徒:5%、その他1%とも言
 われておりますが、真偽はタイの人口と同じぐらい定かではございません。
 
 ちなみにSさんの会社の従業員は100%仏教徒でしたので、一律に言え
 ないことが確信できました。また、タイの王様は仏教徒であり、全ての宗教
 を養護する立場にございます。


【一社に一つ仏壇

 タイの大方の人は仏教徒で、日本と違い結構宗教が生きてます。
   
 ハイこの写真は、Sさんの会社
 にあるお仏壇です。この仏壇、タイ語でサーンプラと言います。このお仏壇
 は、どの会社にもあると言うタイではポピュラーな物です。会社設立の時に、
 地鎮祭を行い、その祈念碑(通常石版)をこのサーンプラと言うお仏壇に納
 めます。

 Sさんの会社では、何もしなくても社員がお花やお線香、お掃除を自主的に
 行ってくれております。タイ人はとっても宗教心があるのです。
 ちなみに、左側の大きいお仏壇がサーンプラプームと呼ばれる経済を司る
 仏様で、向かって右側がサーンプラ・タヤーイと呼ばれる土地神を祭った物
 です。

 Sさんの会社は、今まで3回の工場拡張工事をしてまいりましたが、
 1回目:仏教形式で地鎮祭
 2回目:仏教形式で地鎮祭
 3回目:ヒンドゥー形式で地鎮祭ととってもインターナショナルな神様仏様に守
 られた会社となっております。(社員曰く:神様仏様に国境なし)とのことで、
 仲良く守護されております。

 いらっしゃいませタイランド

                              つづく
戻る