タイの文化(公共奉仕)のお話        
 http://www.kohbyo.co.jp/            2005年1月吉日 
【何の写真かわかりますか?】
 たいへん珍しい写真が撮れましたので、ご紹介です。
 下の写真は、Sさんの会社のあるアマタナコン工業団地内で撮影
 しました。
 場所はSさんの会社の真ん前の用水路の掃除風景です。

 Sさんの会社の前には幅10メートルほどの用水路が流れていま
 すが、この掃除風景の写真でございます。
 何が珍しいかと言いますと、『作業者が囚人であること』、工業団地
 がチョンブリの刑務所と契約して用水路のドブ清掃を依頼したと、
 思われます。

 右の写真で赤い服を着て座っている人はたぶん刑務所の看守と
 思われます。偉そうです。
 この写真にはありませんが、すぐ横でゴザを広げて、寝ている看守
 の方も見受けられました。
  
 

 胸まで浸かって作業する姿は立派です。外気は30度はあります。 

 町中では、護送トラックに乗せられた囚人が公共奉仕をする姿は
 偶に見受けられますが、私立の工業団地内での作業をするのは、
 大変珍しい風景ですので、ご紹介と致しました。

 また、社員に聞いた話ですが、この囚人作業者は、刑期が残り2−
 3ヶ月の人を集めて対応しているとのことでしたので、逃げる心配
 も無いのかもしれません。

 毎日この用水路脇を通勤で毎日通っているSさんは、普段きれい
 な用水路と思っていましたが、、、
 結構汚い。。。臭い。。事に気が付いてビックリしたSさんでした。

 それにしても公共奉仕ご苦労様です。
 (刑務所はこの清掃サービスでいくらもらえるのだろう・・・?)
 ちょっと気になるSさんからのリポートでございました。


 いらっしゃいませタイランド


戻る