S毛の家族のお話(その10)            
 http://www.kohbyo.co.jp/           2005年1月吉日 
【最近のS毛より】
 まいどSさんでございます。
 巨大化の一途をたどるS家を写真で紹介です。

【まずは、ペルシャ猫のショック君】
 買ってきた時には『ショック君』と言う名前でしたが、現在は
 何故か『フーフー』と、言われているヒマラヤン系の猫。。。
  

 昔はこんなに可愛かったのに。。ダンダン・ブス猫になってい
 く様に思われます。(猫にフラッシュ炊いて写すとダメみたいですね) 

 タイ語で猫は、メーウです。

 **フラッシュを炊く・・・・結構気に入って居る誤変換です。

【お次は、アンゴラウサギのシーラ君とその子ウサギ】
 娘が買って飼ってぇぇぇと、言ってやっと買ったウサギ君。。。
 今では、家族も興味が半減して、もう名前で呼ば
 れることは無くなりました。本当は名前はシーラ君でしたが。。。
 現在『カターイ=タイ語でウサギ』と呼ばれています。

 腹が減った時だけ寄って来る巨大ウサギは不気味です。
 ミニウサギと言われ飼ったのに。。
 家内が、娘の代わりに面倒を見ています。でもウサギから感謝
 の気持ちも感じられず。。しっぽも振らないし。。

 

 グレーの目なのに夜写真を撮ると赤く光る、巨大アンゴラウサギ、
 ペルシャ猫より一回り大きい。。。

 また、その子供のウサ。。。。名前を付けられることなく、巨大化
 が始まりました。めんどー臭いのでS家では
 『ルーク・カターイ=子ウサギ』と、呼ぶ様になりました。
 この子ウサギもミニウサギでの遺伝子は持って居ない様で、日に日
 に大きくなって行きます

  

 ウサギは結構怖い生き物です。あまり感情もなくただモリモリ食べ
 るだけ、でもルーク・カターイも腹が減ると足下に寄ってきます。
 恐ろしいことにSさんが帰宅する夜には、夜ウサギの目は光る
 のです。。そして寄って来ます。

 

 庭からはガサガサ、モリモリと。。。。S家では、暗黙の了解でもう
 ウサギを買う事は止めにしましたことは言うまでもございません。
 月の餌代だけで、ウサギが3−4匹買えます。。。

 猫のフーフー君も怖がって、決してウサギには近づいて行かないこ
 とも、Sさんにはウサギの恐ろしさが伝わって来ます。

 タイ語でウサギは、カターイです。

【最後にモルモット】
 お年玉を貯めた娘が勝手にモルモットを買ってきました。それもつが
 いで今は5cmぐらいの大きさですが。。。
 これも巨大化するのかぁ?とっても不安なSさんです。

 

 Sさんモルモットは臭くて嫌いです。アニメのハム太郎より可愛くあり
 ません。 Sさんが家族と、サンデーマーケットへ行った際に、娘が
 お年玉で『ハムスター』を買っていた。余り大きく成らない種類って
 言ってはいたけど。。。ミニウサギの例があるし。。。

 タイ語でモルモットは、モルモット。
 

【だめ押しにグッピー】
 庭のハスの鉢に、グッピーを飼っています。。。S家で、尻尾を振って
 寄って来る生き物は、グッピーだけか?
 それにしても、S家のペットの共通点

  @飼い主が呼んでも来ない。
  Aエサを与えてもうれしそうに尻尾を振らない事。
  Bちっともなつかない事。
  C背中を撫でると嫌がる。。。
  の様に思われます。

 タイ語でグッピーはグッピーです。



 いらっしゃいませタイランド



戻る