タイの文化(お勧めおみやげ情報)のお話         http://www.kohbyo.co.jp/     

【おみやげシリーズが定着化しそうな雰囲気です】

 Sさんの会社の○○様がご来タイです。この○○様は、つりが
 大好きでその上、焼き物も大好きと言う方です。

 さて、この○○様のおみやげ話をご紹介申し上げます。
 
【久しぶりにタイに来られた時のご挨拶から】
  ○○様:「なーぁS!今回はバケーションに来ただ。!」
  Sさん :「それではいつもと一緒ではないですか?」
  ○○様:「。。。。。。」

   今年の昇給が見送られた一瞬でした。「注意1秒ケガ一生。。。」

【おみやげ編、その1】 

 ○○様が、数年ぶりに地方のお客様を訪ねらてた時のお話です。
 ○○様がおっしゃいました
 「お客様の帰りにコラート(タイ第2の都市で東北部に位置する)で
 壺を買ってきたの」、
 ハイその壺は高さ60センチもある大型の壺でございました。
 ○○様がおっしゃるには、だいぶ時間をかけて「値切って買ってき
 た」との事でした。

 その壺を○○様は奥様へのおみやげに日本へ送りたいとおしゃっ
 るのでした。
 Sさんは「郵送代の方が高くつく」と思いましたが、そこはじっとこら
 えて壺をチェックしました。

 「○○様!大変ですこの壺は割れた跡を補修した物です。とても日
 本への出荷に耐えられないと思われますが、いかが致しましょうか」

 「そんなはずは無い」と言いながら壺を見る○○様でしたが、壺の
 中の補修跡を見るや、「仕方がない会社の玄関にでも飾って置いて」
 とあきらめ顔でした。

 Sさん思わず「値切り損でしたね」と口走ってしまい。またまた昇給が、、、、、。
  (壺の生写真:会社の玄関先より)


【おみやげ編その2】

 今年のお話です。○○様がお泊まりになったホテルの近くで焼き物
 の展示会が開催されていました。 
 案の定、翌朝○○様は、日本のお土産に中国風の焼き物をご購
 されたとの事でした。
 「S〜!昨日、運転手を連れて焼き物を買いに行ったの。2500バ
 ーツ(7500円)の処を値切って1200バーツ(3600円)で買った」と、

 うれしげにお話になる○○様でした。
 「でもなーホテルに帰ってから財布を見ると、お釣りが無いの〜。」
 「どーなされされたのですか?」Sさんの問いかけに、「焼き物の梱
 包の話に熱中して、お釣り(800バーツ=2400円)をもらい忘れた」
 との事を恥じらいながらお話になる○○様でした。

 「やっぱりこの方にずーと付いて行こう」と、再確認をするSさんでした。

 やっぱり、タイの「おみやげ」焼き物です。陶器はタイ製(中国製?)
 に限ります。
 

 

                                 つづく
戻る