タイの観光スポット(サメット島)のお話    
                                  2005年1月吉日 
【新年明けましておめでとうございます】
 新年明けましておめでとう御座います。
 今年もよろしくお願い申し上げます。

 インド洋に面する東南アジアを震撼させた、インドネシア地震に
 よる津波災害の被害者の方のご冥福を祈って黙祷(-_-)です。

 さて、年末年始に、プーケット島へリゾートしに行く予定で居ました
 S家は、3日間と言うタッチの差で津波天災の難を真逃れる事が
 できました。(しかし旅行会社とはリファンド問題がぁぁ。。。。)
 
 ホッと一安心のS家でございましたが、息子、娘が楽しみにしてい
 た年末年始のリゾート気分を全てキャンセルする訳には行かず、
 結局シャム湾内のサメット島へ行って参りました。Sさんは家族思
 いでございました。

 当初、年末年始のプーケットキャンセル客が、サメット島へ押し掛
 けるか?とも思っていましたが、島にはコテージの空きもあり、
 思ったより空いていた言えます。

 サメット島は、Sさんが住んでいるチョンブリから車で1時間半、船
 で30分の距離にあり、場所的にはタイ東南のラヨーン県(チョンブ
 リ県の下側に位置します)ラヨーン県の港から渡し船に乗ります。
 有名なパタヤビーチからは、1時間半(車1時間、船30分)

 

  ラヨーンの港と渡し船      サメット島の入り口です

 ラヨーンの港からは、公共の渡しが1時間置きに往復しており、渡し
 代は、往復100バーツ(約300円)でございます。渡しの船は、木造
 船で約20人ぐらいの乗合船です。これ以外の島へ行く方法は、モー
 ターボートのレンタル(1日:5000バーツぐらい?5−6名で割れば、、、)

 このサメット島ですが、島の形は、細長い二等辺三角形で、7−8カ
 所のビーチがございます。

 島に入り少しの所に検問所がり、入島料を取られます。(外人=200
 バーツ、タイ人=20バーツ)。
 海水浴には、一番手前のホワイトサンドビーチと、一番 島の奥に位置
 する、アーウキュウビーチがSさんのお勧めビーチでございます。

 

 S家は、家内を除いて、体重の重いおデブが多いので、歩くと地震が起
 こる可能性があると言うことで島の危険回避のため?(^_^;)港ですぐに
 ピックアップトラックを1日1000バーツで貸し切りサメット島ツアーへ
 出掛けました。

 この島で一番のお勧めビーチは、アウキュウビーチで、砂浜の長さと白
 さ、海水の透明度を取ってもダントツです、現在コテージを新設している
 最中ですので、できあがってから行くことをお勧めします。

 しかし、このビーチは島の一番奥に位置しますので、車で移動すると道
 が悪いため20キロ走行で約30分よりもモーターボートを借りて行く方
 が良いと思います。島の道はとても悪く、、、、そのうえ土埃もスゴイので
 のどはカラカラ。。。目がショボショボ。。。になることは間違いございません。
 
  

 いらっしゃいませ、タイランド。サメット島ならバンコクからの日帰りも可能です。   


戻る