タイの文化(火災訓練)のお話    
                                 2004年12月吉日 
【年末は火の用心です】
 こんにちは、Sさんです。
 Sさんの会社では、12月の重要行事として、火災訓練がござい
 ます。 (2003年度の火災訓練風景は、第89話でもご紹介致
 しております。)

 この火災訓練ですが、労働法、安全委員会、ISOと関連して、
 タイの会社では年1回、総社員数の40%以上参加が義務づけ
 られております。

 いつもの様に、Sさんの会社でも40%の人選をしますが、夜勤
 者の人数は対象外になりますので、日勤者のほとんどの者が、
 対象となります。会社としてしては厳しいのですが、社員は普段
 仕事では見られない参加意識が強い行事です。

 やはり消化訓練は社員にとって楽しい行事なのだと思います。

 それにしても、この災訓練に会社の製造のメインとなる社員は
 いつも対象外となり製造の管理をしますが羨ましそうな目で内
 部講習や消化訓練等を見ております。。。行事と言うより楽しい
 イベントに近いです。

 講習していただいているのは、最寄りの消防署の方で、
 今回も3名の来社でした。

 

 Sさんの会社も拡張、拡張で、消火訓練をするエリアがだいぶ小
 さく成ってきましたが、社会貢献と安全のため、毎年火の用心訓練
 に励んでおります。今年は、工場の中でも火災が起こったと、想定
 の基で火災訓練が行われましたので、より実践的に近い訓練に
 なってきております。

  

 Sさんの会社は、今年も火災訓練が無事終了しました、日本では、
 ブリジストンのタイヤ工場、マツダの工場も燃えました、
 ドンキホーテもと火災事故が多発しております。
 皆様、火の用心ご注意願います。
  

 いらっしゃいませ、タイランド。
  

  つづく 

戻る