西洋のバナナのお話                 http://www.kohbyo.co.jp/   

【バナナシリーズ第2段です】

 Sさんが日本からタイに戻って来るときの飛行機内でのお話です。
 
 いつものごとく、Sさんは通路側の席をチケットカウンターでリクエスト
 して機内に入って行きました。ラッキー隣には誰もいなそうです。でも
 残念な事にお隣さんさんが来てしました。 それも外人。。。。
 
 Sさんは、日本人にしては大柄なので、飛行機でお隣さんが居ないと
 ホッとするのです。奥の席になってしまいますと、トイレに行くのも大変
 なのです。(ビジネスクラスに乗りたいなぁ。。。)
 
 サラリーマンは大変なのです。狭い機内でも戦いです。まず肘掛けの
 優先権を巡って闘争、、、、。
 今回はまず肘掛けは「ゲット」第一の関門はクリアでき一人微笑むSさ
 んでした。 また、ありがたいことにお隣さんの西洋人は小柄な男性で
 したので、少し安心。。。精神的にも有利に働きます。

 ところがこの外人さんも負けておりません、小刻みに体を動かしオーデ
 コロン臭い臭い攻撃、、、。
 「ウッッッ臭い」が漂って来ました。さわやかサワデー攻撃です。
 しかし必死に肘掛けを死守するSさんは、お隣さんを少しヒジで威嚇し
 ます。

 その時です。「あれっ??お隣さん何かおかしい???」
 体の割に太股(ふともも)それも左側だけ異様に太いのです」

 Sさんは気が付きました、「それは左側のズボンに押し込んだオOンO
 ンだったのです。 見事に大きく35センチはありそうです。「小柄なのに。」
 パンツの中に押し込んだらとぐろ巻きそうです。上に持ち上げたらズボン
 のベルトの上に出てくるのは間違いありません。
 「元気になったらどうなるのだろー?」「やっぱり貧血ものですね」一人
 想像を巡らしてしまいました。

 さっそくSさん会社に戻ってこの西洋の方のお話を報告しました。

 会社N〜さん曰く 「パンツじゃなく靴下はかせた方が良い」 のコメント
 に頷くSさんでした。

 みなさんも飛行機の乗るときは「ハイソックスを履いた西洋バナナ」を探
 して見ましょう。(^_^;)



 いらっしゃいませタイランド