タイの文化(折り鶴)のお話(その2)       
  http://www.kohbyo.co.jp/            2004年12月吉日 
【平和祈願のため折り鶴6200万羽→9800万羽】

 こんにちは、『タイローカルニュース速報』のお時間です、リポー
 ターは、お馴染みのSさん86キロです。 今回は第195話:
 平和祈願の折り鶴のニュースの続編でございます。
 
 タイの南部(ヤラー県、パタニー県、ナラティワート県の3県)の
 治安回復を目指しているタイ政府は、平和の象徴である折り鶴
 6200万羽をタイ全土から集め、12月5日のタイ国王誕生日
 (満77歳)に、この3県へ空中散布するキャンペーンを企画
 しました。

 結局集まった折り鶴は、『9800万羽』に達しました。Sさんタイ
 のデイリーニュースで確認した処、折り鶴の空中散布に使用さ
 れた軍用機は51機でした。(あぁ予算がもったいない)
 軍用機は新聞の写真で見る限り、トライスターより少し小型の
 軍用機に見えました。

 ここで、日本在住のOさんからのお便り。
 
 『深南部3県では、 51機とは、山の中に落ちないように、小型
 の飛行機で低空から人が住んでいるところを狙って投下したん
 でしょうね。
  懸賞――タックシン首相のポケットマネー奨学金とか――付き
 のもあるらしいので、子供達は しばらく折り鶴探索に夢中かな。
 南部3県以外の子供達から不満が出ないことを祈りましょう。』

  
 Sさん新聞の写真で、『投下された折り鶴を拾う子供達』がござ
 いましたが、とても悲しかった。
 同じ平和を祈るのにも、もっと他の方法があったのではないか?
 また、同じ施しや援助付きの折り紙があったとしても、地面に落
 ちた物を拾わせると言う考え方に違和感を持ったSさんでした。

 Sさん政治はほとんど興味がありませんが、今回のイベントは
 『王様からSTOP』の鶴の一声が欲しかった。

 折り紙に付けた報奨金、見つかったのは材木会社の報奨金、
 1万バーツが3件。。。今回はここ迄。

 つづく
 いらっしゃいませタイランド。 

 平和を祈る国、タイランドから。Sさんのリポートでした。

 

戻る