タイの文化(コメディアン)のお話        
  http://www.kohbyo.co.jp/         2004年12月吉日 
【タイでは漫才が流行っています】
 
タイのテレビドラマ、映画、クイズ番組等には、必ず漫才氏の方が
 出演されており、漫才師やコメディアンタイ国内では、非常愛され
 ている職業と言えます。
 
 *コメディアン=タイ語で『ナック・タロック』おもしろい人の意味と
 言います。

 日本の場合、漫才師と言うと、2名のコンビ、多くても3−4名です
 が、タイでは8名−10名も珍しくありません。
 
 また、タイではダウン・シンドローム(ダウン症)や小人症等の体に
 傷害がある方、容姿が普通の人と違う方も、特別に差別無く出演
 おり、有名人として受け入れられております。
 
 タイ社会的には差別もありますが、日本よりはあるがままの姿を
 受け入れる間口が広い様です、
 テレビや映画に身体障害者を出演させない日本とは大違いで、
 人に関する考えた方は、アメリカ近いのかもしれません。。。。
 とは言っても、タイでも、障害者の方は日本以上に『仕事の場』は
 無い状況(ほとんど皆無に近い状態です)にあります。先進国でも、
 障害者の雇用が難しい現状で、発展途上国では、それ以上に厳
 しいのは当たり前かもしれません。

 この状況の中で、人気漫才師の『サーヤンさん』と言う方は、ダウ
 ン症患者で、タイの同患者にとっては希望の光となっている人です。
 応援してあげてください。

 最近の映画出演では、サヤーンさんがタクシンの息子らしき人物
 を演じたパロディ映画「オークアーク」がありましたが、タクシン首
 相の圧力からか上映期間が非常に短かったのが記憶にあります。
 (DVDは発売中)下の写真は、オークアークの映画のポスターから。

  



 こちらは本物のタクシン首相(とっても似てますね)

 テレビ以外にも、多くの演芸場(タイの場合は、『カフェー』と
 言い飲食しながら漫才が見れます)があり、夜には大盛況を
 呈しておりますので、タイにいらっしゃった際には、言葉は分
 からなくてもタイのテレビ等で漫才番組、バラエティ番組をご
 観覧に成ることをお勧め申し上げます。

 体を使ったお笑いは世界共通でございますので楽しめること
 と思います。 もう師走に入りました、来年に向けて弱者にも
 優しい社会を作って行ける様に一緒に心がけて行きましょう。

 最近、Sさんは乞食さんや、身体障害者の花売りさんに対し
 て率先してと迄は言いませんが、昔よりお布施や購入頻度
 が多くなってまいりました、歳取って生きる大変さが分かって
 きたこの頃です。


【ちょっと悲しいお知らせ:小人症のコメディアンが死亡】
 小人症を武器にした個性派人気コメディアン『ジョー・モクショク』
 さん(37歳)が10月26日明け方にアユタヤ・ラチャタニ病院で
 死亡しました。

 ジョーさんが所属するコメディアン・グループ『ルアフア・モクジョク』
 がBKKの公演後、ランパン(タイ北部)に向け車で移動を開始、
 アユタヤ県に入った所で5台のバイクに乗った暴走族グルー
 プからコンクリート塊を投げつけられ同氏が重症、緊急手術を
 受けたが死亡した。
 ジョーさんは、1年半前に結婚、1歳の娘がいた。

 犯人は、アユタヤの暴走族『サバーイ・ハート』に所属するソム
 サック16歳。ジョーさんは、Sさんもテレビ等で見たことがあり
 ますが、声も子ども様に甲高い声で、コメディアンとして大活躍
 しておりました。(小さい頃は、お寺に預けられ育ったと聞いて
 います)

 タイでも数少ない身体障害者のスターにご冥福を祈ります。

【質問コーナー】
 「オークアーク」ってどういう意味? どういう内容???

 Sさん映画観ていないので。。。
 内容は今のタイ政府をちょっとからかっている……程度しかわ
 かりませんが、タイトルは 『オークアーク』口語訛りみたいです
 から、≒「オエッ、ゲローッ」。
 かなりお上品なタイトルのようです。また、タクシン首相の息子
 の名前が「オーク」ですので、それにもヒッカケております。

 いらっしゃいませタイランド



戻る