タイの観光スポット(カンチャナブリ)のお話 
 http://www.kohbyo.co.jp/              2004年12月吉日 
【夜のクワイ橋フェスティバル】
 11月26日〜11月30日にカンチャナブリ県(バンコクから西に
 200キロ)のクワイ橋フェスティバルがありまして、Sさん見物に
 行って参りましたのでご紹介です。
 日本語ではクワイ橋ですが、クェーの発音の方が正しい様に思
 われます。クェー橋。

 このイベントは、毎年この時期に行われておりますが、写真と現
 実を見るのは大きな違い。。。このイベントを、企画しているのが、
 もしプロだったとすると許しい企画でございました。

 Sさん、クェー橋で花火大会があると思っていたので行ったので
 すが。。。
 第1回イベント=夜7時から、第2回イベント=夜9時からとあっ
 たので、7時の行ってみましたが、席が一杯で、9時しか無いとの
 こと。イベント会場のクワイ橋周りは、テンポラリーの壁で仕切られ
 見れない様になっておりました。会場は特設会場になっており入
 場料は、500バーツ、300バーツはイス付きで、立ち見が200
 バーツ、子供と学生が100バーツとなっておりました。

 仕方が無いので、橋のすぐ近く(50M離れた所)のレストランへ行
 くと200バーツでイス付きで観覧できました。500バーツや300
 バーツの席はすぐ隣に見えたので200バーツのレストランがお勧
 めです。

 このイベント7時から8時15分まで続きましたが、7時から7時50
 分までは、ほとんど橋の電気を消したままで、ダラだらタイ語で、
 クワイ橋の歴史をタイ語で語ります。日本語と英語訳もあるとの噂
 でしたが、噂のままでした。50分間も真っ暗な川と橋を眺めるのに
 は大人でもかなりの努力が必要ですので、子供連れの場合は、
 50分遅れで会場に入ることを勧めます。

 さて、イベントの最後は20分間で、ミヤンマー側から機関車が走っ
 てきて、その後橋の爆破、ワイヤーで吊っているレールが落ちます。
 そして散発的に花火が上がります。がぁ〜ぁぁ、
 とても花火大会と言う程のイベントではありませんので、それを承
 知の上でご参加願います。

  



 闇夜で1時間以上も待ってからやっと落ちたレール、最後はナレー
 ションは、8月15日に日本の天皇が武器を放棄して敗戦宣言をし
 ました。戦争は愚かしい物です、再び繰り返されない様に努力しま
 しょう。

 でした。Sさんの1時間15分に渡る努力が報われ、フェスティバル
 も終わりました。

 ちなみに、地元の人は、7時50分過ぎにぞろぞろレストランに入っ
 てきたので、メインの時間帯を知っているようでした。

【昼間のクワイ橋の風景をご紹介】
 

 橋前の駐車場は一杯でした。観光列車も走ってます(20B)=約60円

 

 クワイ川と、橋の上を渡る観光客の群、観光列車の間を縫って
 歩いて渡ります。

【戦争博物館】

 橋のすぐ横には、戦争博物館がありますので、クワイ橋観光の
 際にはお立ち寄り願います。
 入場料:外人=50バーツ、タイ人=20バーツです。Sさんはタイ
 の免許証を見せてタイに住んで
 居ることを説明したら、タイ人価格の20バーツで入場できました。
 
 この博物館は、日本人に捕らえられた、イギリス兵、アメリカ兵
 がどんな虐待を受けたかの説明とその当時の物を展示しており
 ます。

 

 博物館の入り口に飾られた機関車        博物館の建物

 

 当時の武器、刀の展示のありました。

 
 
 労働にかり出される、捕虜の兵士

 

 橋の建設で死んでいったイギリス兵。 

 

 当時の写真ですが、今もこの風景と同じです。 外人兵の捕虜
 は、フンドシをしておりました。

【外人墓地】
 当時、日本の捕虜になった、イギリス兵、アメリカ兵の墓地が、
 カンチャナブリ町中に御座います。
 橋からは車で約10分の国道沿いにありますので、お立ち寄り
 下さい。入場料はありません、無料です。
 
 

【カンチャナブリのダム】
 町から約40キロの所と80キロの所にダムがあります、眺めが
 良いのでお勧めです。

 

 ダムの近くには象の公園もありました。  

 

 ダム周りの風景

 いらっしゃいませタイランド。

     つづく。

戻る
泊まれ