タイの文化(渡し)のお話              
  http://www.kohbyo.co.jp/                2004年11月吉日 
【連れて逃げてよぉぉぉぉ】
 と、言って有名なのが『矢切の渡し』でしございますが、
 タイにはもっとスゴイ車を渡す渡しがございますので、
 『パープラデーンの渡し』をご紹介申し上げます。

 渡しはタイ語で、『ペーッ』=筏(いかだ)と言います。
 読んで時の如し、このパープラデーン渡しはイカダと言った方が
 良い渡しです。
 サイズは、鉄製で横8m×縦20mぐらいでしょうか。
 渡しの対象は、タイで一番大きいジャオプラヤ川(日本ではメコ
 ン川と言われております)でございます。

 
 
 渡しの上から渡しを撮影、真ん中の黄色い棟が操舵室です。
 渡しに乗ったSさんの半顔をご紹介。 

 Sさんバイクでこの渡しを渡りました。値段は7バーツ(約20円)
 でした。
 この渡しは、車、バス、トラック、バイク専用の渡しで、人は別に
 専用の渡しがございます。車専用の渡しは6隻がピストン輸送を
 しております。

 渡しの時間は約10分。ジャオプラヤー川に架かる橋は数が少
 ないので、この様な渡しは渋滞対策に便利です。
 また、BKKの橋はバイク走行に規制があるので、なおさらでご
 ざいます。

 さて、この渡しの場所ですが、バンコクのバングナーからサム
 ットプラカーン県のパープラデーンと言う所に御座います。

 バングナーから約10−15キロぐらい?。

 

 渡しと新造中の橋で御座います。この川幅は約300メートル
 ぐらい。

 写真で見てもお分かりの様に、横に新しい橋を建造中でござ
 ますので、近い将来、この車用の渡しも縮小または廃止にな
 る可能性が高いと思われます。

 と、言うことで今がチャンス、タイのイカダ乗りにいらっしゃい
 ませ。

【ちょっとタイ語教室】
 船、イカダ、カヌー等の水の上の乗り物に乗るとき、日本では
 乗り降りと言いますが、
 タイ語では、降り乗りと変わります。車、電車、バス等の地上の
 乗り物は乗り降りなのですが水の乗り物だけが、降り乗りで特
 例でございます。

 ・船に乗る=ロン・ルア
 ・船から降りる=クン・ルア
 ・イカダに乗る=ロン・ペーッ
 ・イカダから降りる=クン・ペーッ
 *降り乗り=ロン・クン

 ・車に乗る=クン・ロット
 ・車から降りる=ロン・ロット
 *乗り降り=クン・ロン


 いらっしゃいませタイランドォォォォ。


戻る
泊まれ