タイのビザ関連のお話 (その1)                   http:/www.kohbyo.co.jp/    

【簡単なビザの知識】
 
タイで働くためにはビザが必要です。
 ではビザを持っていれば働くことが出きるのでしょうか?

 『答え』 ビザを持っているだけでは就労はできません。就労許可証
 が必要です。

 よく日本から出張に来る方で、「ビジネスビザを取ってきているので
 問題ない」と言う方が多いですが、これは明らかに間違った思いこ
 みです。

 これは日本人のパスポートはほとんどの国で一定期間ビザなしで滞
 在できると言うとてもすばらしい効力を持ったパスポートの上にビザ
 まで取ったのだから、どこにでも行ける、何でもできると言った考え
 (誤解)が発生しやすいことが背景があると思われます。

 一般にBビザと呼ばれている、ノンイミグラントビザ(非居住者用の
 ビザ)は、就労許可証の申請に必須のビザですが、このビザを発給
 されたからと言って「お仕事が出きる」訳ではありません。
 就労については、ワークパミットと呼ばれる「就労許可証」の発行を
 もってお仕事が出きるのです。
 
 ですから、ビザの有無に関わらず日本からの短期出張者のほとんど
 方は「違法就労」となります。
 しかし背広を着て会議に来る方についてはよっぽどことが無い限り
 「摘発」「告発」されることはありません(会議の場合仕事か、ただの
 見学か判断しづらいのが理由)が、工場等に入りお仕事をする方は、
 「とっても危ない行為(作業着来ているのに仕事をしていないと言えない)
 になります」。
 この様な方々をSさんは「違法就労のシャム行きさん」と命名しております。

 では何でみなさん「Bビザ」を取るのか?「旅行者ビザ=絶対働けない」
 「Bビザ=就労許可証の申請が出きる」のでBビザを取って来るのだと
 思われます。派遣元の会社もBビザはビジネスビザだから働いてもかま
 わないと言う誤解も背景にあります。よって短期出張のために就労許可
 証を申請する会社は少ないと思われますので、出張者は「違法就労を
 しているとも知らず」お仕事をしてしまうケースがほとんどです。知識不足
 が問題になります。

 派遣先も会社も受入れ先の会社も外資の法人ですので、その国の法律
 を知らなかったでは、すみません、問題が発生した場合は、知っていて
 行った行為と解釈されます。

 たまにタイでお金をもらっていないので違法就労にならないと言う方がご
 ざいますが、就労と所得は別の問題で、無償でも働いている行為自体が
 犯罪になりますので、ご注意願います。

 この手の問題は非常にやっかいで、派遣した会社や受け入れた会社でなく、
 本人に問題が起きますのでとっても注意が必要になります。

 最悪の例ですが、Sさんの知っている方で、労働省の不定期監査に合い、
 違法就労で裁判を受けて99年間のタイ入国を禁止された方がいました。
 (パスポートにスタンプ押されます)

【労働省の不定期監査の方法】
 一般的に、はまるパターンをご紹介します。まずビザを取得して、1ヶ月位
 の出張者が度々タイにお仕事をしに来るとします。この場合のお仕事先は
 主に工場。出張者は技術指導や立上げに来ますので、未熟で知識の無い
 タイ人に強く接する場合が多く、当然タイ語はしゃべれませんので、感情面
 のフォローも取れません。
 
 この様な状況下で、工場サイドのタイ人、事務所特に総務系のタイ人から
 嫌われた人が「危ない」タイ人社員は労働省へ「違法就労の外国人がいる」
 と通報。お役所は報告を受ければ確認の義務が発生しますので、工場へ、
 普通1台の車に3−4人の担当官が工場へ行き、1名が会社の入り口、1名
 は直接工場へ、1名は事務所へ行き全外国人の就労許可証の提示を求め
 ます。

 この様な形で査察を受けた会社はブラックリストに、対応の悪かった会社は
 、再査察対象になります。
 運悪く?これが続き3回逮捕された人は簡易裁判+国外退去となります。
 会社は罰金の対象になります。

 この様な場合以外にも労働省の担当官は、ほとんどの短期出張者が、不法
 就労者と知っていますので不定期に各国業団地を巡回査察もしております。
 (がー、密告のパターンが多い様です)
 特に日本人は、東南アジア人を低く見る傾向が強いので、西洋人よりトラブル
 になる傾向が顕著です。

 せっかく会社の命令でお仕事に来ても「逮捕されるのは出張者」ですので、
 海外にでる時にはより一層自分のモラルを高め、仕事のパートナーとなる
 外国人に尊敬の意をもって接する能力も求められるので
 す。くれぐれも感情面を押さえてお仕事する事が必要ですので、ご理解を。



                                 つづく

戻る