中国地方的食文化のお話           
  http://www.kohbyo.co.jp/               2004年11月吉日 
【中国の日本食】
 まいどSさんでございます。中国語へ出張に行ってきました。
 まず口にした物は何故か日本食。
 中国の日本食事情は取ってもお得、タイより数段食べ得、
 飲み得天国になっています。

 Sさんが出張へ行った先は、上海より約180キロ内陸へ向か
 った無錫(ムシャク)太湖で有名な場所で御座います。

 この無錫に無錫新区と言う国立系の工業団地が御座いまして、
 Sさんのタイ工場とは兄弟外社になっております。

 さて、この無錫新区には約2000人の日本人がお仕事をして
 いらっしゃるとのことで、ここ無錫では日本料理屋さんが多く
 大変繁盛もしております。特筆すべきサービスは各日本料理
 屋さんで112〜120元(1200円から1500円)程度で、
 『食べ放題、飲み放題』のサービスをしております。

 Sさんも日本料理店は2軒ほど回りましたが、味はなかなかの
 ものでした、おまけに飲み放題がスゴイ、生ビール、瓶ビール、
 お酒、焼酎等のみ放題でございました。飲み助さんには天国
 みたいな環境です。

 タイではお酒類が高いのでとてもこの値段ではサービスでき
 ないのが現実なのですばらしい事だと思います。
 中国に行った際には、『日本食の食べ放題、飲み放題』をお
 試し願います。

【上海ガニ】
 10月中旬から12月は上海ガニの有名な季節でございます。
 上海ガニは淡水ガニで、ゆでた物を醤油より濃厚なタレに
 付けて食べます。これがなかなか旨かった。(*^_^*)
 Sさんが食べた上海ガニは、甲良の大きさが握りこぶし大の
 メスガニでした。。。カニみそが濃厚で旨かった。

 タイにもほぼ同じ大きさの海水ガニの『渡り蟹』も有名です、
 こちらは茹でガニを魚醤にニンニクや唐辛子の刻み込んだ
 物をタレとして食べますが、これはまた対照的に美味しい物
 ですので、タイにいらっしゃった際にはお勧めの料理でござ
 います。

 

 足はちぎって、間接の両側を折って、肉をススッテ食べるが
 地元風でございました。
 さて、気になるお値段ですが、スーパーで1匹100円程度で
 売ってましたが、空港では約300円でした。
 Sさんが上海ガニを食べたところは、地元のレストランチェー
 ン店で、300名は入る大きなレストランでした。3名で上海ガニ
 を含めて3品頼んで、総額約1500円ぐらいでした。やっぱり
 地元は安い様です。
 
【火鍋ヒナベ】
 中国でチェーン店として全国展開をしてる料理に『火鍋』がござ
 います。中央にしきりをいれ2種類のスープで羊の肉と野菜を
 煮て食べる火鍋、この度Sさん初めての経験で御座いましたが、
 とっても口に合いました。

 旨かった、体も温まります。肉以外では湯葉等の入れて食べる
 のですが、さすが鍋料理、世界どこで食べてもはずれが御座い
 ません。中国へ行った際にはお勧めの料理でございます。

 元々この料理は、中国のモンゴル地方の料理だそうですが、
 チェーン店化するほど大衆受けする料理で、Sさんも食べて見
 て納得のお味でございました。最近では事前予約をしなければ
 入店できないほどの繁盛を誇っております。 

 

 鍋の左側が辛いスープ、右側が甘いスープで煮込みは好み
 にお任せです。
 右のビールは中国で有名なチンタオビールですが、地元の方
 はサントリービールを飲んでおりました。

 お値段は、6名で食べてビール飲んで、老酒1本飲んで、お一
 人様:約1200円取ってもお得な夕食でございました。

【中国料理】
 中国で食べるあの回転テーブルで食べる本格中華よりも、
 Sさんには地元料理の方が美味しく感じられました。

 最後に、無錫は電柱の少ない(地下ケーブル)とっても都市区
 画が整然とした町で御座いました。
 中国に行く機会がございましたら、火鍋と上海ガニをお試し願
 います。


 中国もタイ経由でいらっしゃいませ


戻る