タイの文化(社員旅行バスツアー)のお話            http://www.kohbyo.co.jp/

【バスツアー】

 Sさんの会社は年1回のバスツアーを福利厚生の一環として行っております。
 今時社員旅行?と言う方もいらっしゃるとは思いますが、タイでは貧富の差が激しく、
 会社で旅行を企画しなければ遊びに行く機会が無い社員が居るのも現状なのです。

 今年は、ラヨーン方面へのバスツアー1泊2日、参加者80名弱の旅となりました。
 総予算:6万バーツ(約18万円、バス代、食事代、宿泊代込み)

【ラヨーン県】

 バンコクからシャム湾を東南方面にサムットプラカーン県−チョンブリ県(パタヤが有名)−
 ラヨーン県と続き(下り)、バンコクから3つ目の県になります。

 ついでにその先が、チャンタブリ県、トラート県となり、そのお隣がカンボジア国になります。

日程は下記の通り

【11月OO日】
  07:30、会社集合発(もちろんエアコンなしのバスです、移動時は太鼓とビールで
        盛上がります)
  10:00、中国寺ツアー
  11:00、お昼ご飯(発砲スチロールの箱入り)
        タイ寺巡り。山を切り崩してお釈迦様の絵を描いる結構有名らしい。
  14:00、宿泊所に到着、海の近く
  18:00、部屋割り
  18:30、夕食+パーティ
  20:00、ディスコ+ゲーム
  24:00、就寝

【11月OO日】
  07:30、起床
  08:30、朝食
  10:30、荷物のまとめ
  11:00、昼食
  12:00、バスへ搭乗
  12:30、おみやげ屋
  13:30、海軍の見学(軍艦見学、サタピップの海軍が無料で公開してます)
  15:00、バス搭乗
  18:00、会社着
    
    
**中国寺院の中(結構有名なお寺らしい、特に山に描いたお釈迦様)**
  

 
タイ人はとっても信仰心あつく信心深いのです。この山は大理石でできてますの
 でありがたみも倍増?
     
  このちょっと派手目のバスはシャープさんの社員送迎用のバスを借りてきたみたい
  です。

*宿泊場所は、コテージ(平屋2寝室、リビング、シャワートイレ)1部屋に4名の雑魚寝。
  
  この写真はコテージ前の海。(クラゲがいっぱいいて、みんな刺されて喜んでいました)
    タイの海は、日中であれば11月、1月でも泳げます。


【ちょっとタイ文化】

 タイでは、海に入るときにTシャツ、半ズボンが一般的な姿です。(これはフィリピンでも
 同じでした。)
 やはり強い日差しに対抗するには、Tシャツなのかもしれません。
 
 Sさんは海から上げって来る社員のTシャツから透けて見える社員の下着のラインに
 (当然女性ですが)思わずチラチラ熱い視線を送ってしまいました。みなさんにお見せ
 できないので大変残念です。

 ちなみにプールで泳ぐときにはスイミングウェアが一般的です。


【次回は、年末のスポーツデーについてもリポート予定です。】

                          

戻る