タイの文化(骨折り大損)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年10月吉日 
 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 ここ数年コンプレッションソックスを愛用していたSさんで
 すが、鎖骨骨折でキツい靴下が履きづらい(脱ぐのは一人
 でOK)、そこで履かなくなった靴下をタンスの引き出しで
 発見=特注品KOHBYOのロゴ入り靴下(^-^)懐かしい。

 しかし過去に受注してくれた工場は経営者が変わり、経営
 方針も変わりが依頼できなくなったのです。。残念。



 懐かしい靴下紹介でした。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 10月2日(12日経過):3回目の検診で

 「だいぶ折れた鎖骨がかなり離れているので付くには相当
 長期間かかります、またつく面が少ないので上手くつかない
 可能性があります。」

 腕の付けの刺すような痛みは、尖って折れた鎖骨が神経を
 圧迫しているのが原因、幸運なことは、血管には支障ない
 ので指先まで血が巡っている。」

 「しかし尖っ肉を突き破る可能性もあります、自然治癒はで
 きますがかなりの長期間になります」
 
 と、診断されました 。そして・・・

 「骨は4週間から6週間で付き始めますが、6周で効果がな
 ければ手術です、そしてギブス装着は今よりもっとキツく」

 と言われて今でも辛いのに、もっと締めこまれてギブ、無理
 と判断し手術を決断しました。

 「入院は3日間ほど、2時間の手術で手術は基本的に1回の
 み、術後痛みを伴うことが無ければプレートの取りだしせず、
 そのままで」

 「鎖骨の上に金属板を入れてボルトでつなぐ手術、フレート
 取り出しの手術はしない方針」
 
 のコメントも決心を後押し。

 「前回処方した薬でよく眠れましたか?
 
 就寝1時間半で激痛と共に目が覚めます。 

 現在の平均( ゚Д゚)睡眠時間3時間弱
 
 「( ゚Д゚)(;´・ω・)(;´・ω・)( ゚Д゚)やっぱり手術ですね」 と。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 長女子君が、タイで3本の指に入る国立大の修士に合格、
 学部は「Entrepreneurship management 起業家経営」
 ですと。授業はもちろん英語。。。。

 来年は、娘に感化された家内も修士に行くと言ってますの
 で、負担が2倍になりそうです。 しかしながらタイの所得法
 控除では、子供の扶養控除は25歳まで( ゚Д゚)タイムアウト。

 今日の格言
 
「5匹の猫にも人と同じく家族扶養者控除を~♪」

【ちょっとコーヒーブレイク】
 手術を受けるには、術前検診の必要と指示されて、翌日の
 10月3日術前検診開始、朝7時50分:整形外科前で。



 術前検診:8時間以内飲食禁止、朝7時半過ぎに病院へ。
 整形外科で、ナゼか体重計か?76キロ(;´・ω・)の値、でも
 服着てるからと自分に言い訳)、そして血圧は正常。 
 採血で~す。。

 つづいてXレイに移動して肺の検査でレントゲン=OK、



 右(写真では左)の鎖骨は完治、左(写真では右)の鎖骨は
 尖って折れて( ゚Д゚)ます。

 内科へ移動して45分待たされ、内科医から血液分析結果
 を聞くと

 「血糖値が糖尿病予備軍、甘いものは控えなさい。それ以外
 は全て正常です、運動もしている様( ゚Д゚)ですね」と。

 「腕の付け根が腫れてます、神経を圧迫している様です」

 そして整形外科へ戻り、手術方法の説明を聞く。 



 「オレンジの書き込みのようにプレート入れてボルトで固定、
 そして手術は基本的に1回のみ、痛みが無ければプレートは
 そのまま、2回も手術したくないでしょ、手術は2時間、入院
 は3日ほど、手術前3時間から飲食禁止です」 と。

 10月4-10日は、法事で一時帰国なので、戻った翌日=
 10月11日は出社して机の上の書類をクリア=お仕事して、
 夕方6時から手術と決めました。

 今日の格言 「骨折り大損、痛い痛い!( ゚Д゚)大ケガ!

 ココ6年間で3回骨折ったベテランSさんからご報告でした。


 いらっしゃいませタイランド。 

戻る