タイの文化(タンブン準備)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年8月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 バンコクのドゥシタニ動物園が8月末で閉園が決まり
 ました。 タイに30年以上暮らしているSさんこの動物
 園には行ったことがない、園の前は何十回となく通った
 ことがございましたが。。。縁がなかったと。。。

 ちなみにタイで一番大きな国立動物園は、Sさんの住む
 シラチャーにある、カオキヤオ国立オープンズーです。
 閉園するドゥシタニ動物園の数100倍の大きさ。。。

 そして2番目に大きい動物園はナコンラチャシマ県の
 動物園で、ここは行ったことがございますが、小さくて。。。
 がっかりした経験値があり。。よってもっともっと小さい
 ドゥシタニ動物園行かなかったのが理由の一因かも。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 8月24日のタンブン準備風景から。

 毎年新工場と旧工場でかわりばんこにするタンブン式は、
 商売繁盛と無事故、会社と社員の発展をねがって開催中。



 社員もこの儀式が楽しみらしく率先して準備してます。
 上はタンブン式後にお坊さまへ渡す供物、リボンは会社で
 準備~♪。



 こちらは朝の托鉢時に渡す供物。





 お坊さんがいらっしゃる前に、仏壇=商売繁盛のヒンズー神
 と土地神様にお線香
~と供物、お供えするお線香数が異な
 るため、セロテープで区分け中。



 こちらは仏壇のデコレート用の花輪やリボン(^-^)。
 タイは宗教が生きている国です。



 タイの仏花はランですね(^-^)。





【ちょっとコーヒーブレイク】
 いただいた本の読書感想文(^-^)「ロクヨン」 刑事の娘が
 家出、個人捜索では限界があるので、組織に頼るため信念
 を曲げる刑事、そして昔の未解決事件が重なっていく。。。
 お勧めです(^-^)

 ちなみにSさん小学校卒業の時、6年4組ロクヨンでした( ゚Д゚)。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 スコールや台風時に駐車場の砕石部分が冠水しますの
 で改善を~と福利厚生委員会から提案があったので、既存
 の2輪駐車場のコンクリート部を2倍の面積にしました。
 約30坪追加(工事費8万バーツ:約26万円なり)



 完成して1週間経過したので現場確認に(^-^)
 左下の色の違う部分から新規コンクリート部で、約140台
 程の屋根付きバイク駐車場に。



 そして50過ぎの新知識!

 タイのバイクの仮プレート赤ナンバーば、販売業者名?が
 入っている(白文字部=サイヤムヤマハ・アマタの打刻あり)

 仮ナンバーは、正規プレートが発行される間の仮ナンバー
 で運転は日中のみ許可される陸送用のプレートで、走行で
 きる地域も限られてますので、陸運局管理かと思っていたら
 「業者管理ですヨ」と園ちゃん(仮称)が調べて教えてくれました。

 タイも日本と同じく赤ナンバーは販売業者管理で割り振れて
 管理されいる。
 プレート発給が間に合わない緊急の処置として運用。
 よって、税金を払っていないのではなく、プレート無いから払え
 無い状態、=保険もプレート無いから加入できない(事故時の
 リスクあり。 と~園ちゃんありがとうございました(^-^)

 50過ぎの新知識でした(^-^)。



 バイクのマフラーどちらが好みですか(^-^)
 上が日本の有名メーカー、下がユーロ最大のスロベニア共和
 国メーカーのアクラポビッチ。

 ちなみにSさんの旧車君様には、純正ではアクラポビッチしか
 選択肢がございませんが、高いので違うメーカのマフラーを
 ワンオフで装着しています。

 このメーカー設立当初はスコーピオンが社名だった名残でぇ、
 ロゴが赤サソリのデザインになっています。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県自閉症センターの活動報告から
 社会開発人間の安全保障省主催でしょうがいしゃの物産展
 がありセンターブースの出展し、センター製品をアピールして
 きました。と、ご投稿がございましたので、さっそくご紹介です。



 タイランド・ソーシャル・エキスポ2018!





 場所はムアントンタニ、モーターショウの開催を含めたイベント
 会場でした。

 つづいて毎週木曜日のシリキット王妃さまの慈善事業プロ
 ジェクト:水牛セラピーに参加です。 場所はセンターから
 約20分ほど移動したチョンブリ軍基地内の施設です。



 兵隊さん4名がつきっきりで対応してくれます。



 待ち時間中は、建物内でお勉強です。





 先生は、しょうがいしゃ教育指導の講習を受けたボランティア
 保護者のお父さん先生やお母さん先生たちです。



 ご投稿ありがとうございました。




 いらっしゃいませタイランド。 

戻る