タイの文化(自閉症センターの活動報告)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年8月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県自閉症センターからのご投稿がございました
 ので早速、ご紹介です。

 8月15日、センター野外活動で、シラチャー駅からディー
 ゼル列車に乗ってノンヌット・ガーデンで恐竜見学です。
 児童の多くは初汽車体験でした。(半分の方はチョンブリ駅
 発でした)





 シラチャー駅は街から10分ほど外れたところにあります。
 タイは鉄道網がすくないなので、駅が町の中心ではなく
 町はずれにあるのです。



 さぁ出発です!車内は広くゆったり(^-^)



 今回の遠足は保護者先生も含めて約50名ほどの参加でした。



 切符です。

 シラチャー駅からノンヌット駅まで約55分、距離は60キロ
 お値段は9バーツ(約30円)( ゚Д゚)。チョンブリ駅からは、
 12バーツ(約40円) 















 恐竜の大きさがお分かりかと。(;´・ω・)



 センターは、受け入れ児童の年齢制限をしていないので、
 4歳~35歳の児童を預かっています、先生はボランティアの
 保護者(ピンク)、児童は(黄緑)のユニフォームで区別でき
 ます。 ユニフォームを無償支給にすることで外見的な貧富
 差別を解決です。





 楽しい遠足でした(^-^)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 2018年チョンブリ県自閉症センター建屋の増設プロジェクト、
 8月24日に起工式となりました。
 センターのしょうがいしゃ無償支援活動に協賛をいただいた
 篤志家慈善家、企業、行政のお陰で、ここまでくることができ
 ました。 本当にありがとうございました感謝申し上げます。

 センター施設の拡大で、より多くのしょうがいしゃ受け入れと
 しょうがいしゃの可能性の創造機会をつくり、ケア、しょうがい
 しゃを持つ保護者への教育にまいしんしていきたいと考えて
 おります。



 現センターの4階建物(黄緑ピンク)は、2年前に建設しました。
 1階は年長者クラス、2階は年少者クラス、3階は言葉が話せ
 ない児童、4階は保護者の避難所と児童の一時宿泊所、これ
 は保護者の経済活動のためと、親と一緒にいると問題のある
 児童の一時避難場所で使用中。 

 現在登録児童も60名を超え、受け入れ拡大のために新建屋
 が必要になっています。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 8月10-11日、トラート県のしょうがいしゃ施設に招かれて
 自閉症児のケア、教育法のセミナーを開催してきました。









 チョンブリ県自閉症センターは民間の無償しょうがいしゃ
 支援施設です。(完全無償の施設はタイでもここだけ!)

 チョンブリ県自閉症センターよりの活動報告のご投稿あり
 がとうございました。 応援してますヨ!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 チョンブリ県自閉症センターの活動に共感していたら大型
 スーパーで、ジュラシック・ザック発見!価格は299バーツ
 なので約1000円。





 使用用途はないのですが、欲しくなりました(^-^)
 改造すればゴルフクラブのカバーに転用できるかも(;´・ω・)








【ちょっとコーヒーブレイク】
 大型商業施設、ターミナル21がバンコクだけでなくパタヤに
 もできます、完成は10月だそうな、楽しみ(^-^)。
 パタヤの新名所になりそうです。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 誰もかまってくれる人が居ないので、自転車乗りに行ってき
 ました。



 最近女性のバイク乗りが増えてきている。

 いつものごとくトライアスロン車に引っ張ってもらおうと思った
 のですが、目論見ははずれ、ほとんど独行でした。



 この日の最速51.3キロ、3周めを一人走っている時に、
 ベルギヤムとパンツに書いた足の凄く長~いファラン
 2名に引っ付き、最後の力を出し切り( ゚Д゚)。 

 でもちっとも痩せないSさんでした。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 夕方からBM君とお散歩ついでに高級自転車店2店をハシゴ。
 欲しいバイクはあるが、長女子君の学費を考えると断念(;´・ω・)





 BMC:24万バーツ(約81万円)。



 安売り?13万バーツ(約44万円)のチッポリーニ・ボンド



 昔欲しかったライトスピード13万バーツと、
 BMC・152000バーツ(約51万円)の値札



 目の保養?目の毒?でした。
 この価格帯でも現金ポケットマネーでホイホイ買うタイ人が
 多いのです、お金持ちタイランド。。。。




 いらっしゃいませタイランド。 

戻る