日本の文化(銀座ケントスとタオ島)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年8月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 「銀座ケントス夏まつり!」と、遊さん(仮称)からご投稿
 いただきましたので、さっそくご紹介です。





 おぉ懐かしい、Sさんが最後に行ったのはいつだったか?
 遊さん!ご投稿ありがとうございました。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 東京のマンションでの売り文句!

 「富士山とスカイツリーそして東京タワーが見えます!」

 そしてこの条件に駅から徒歩10分以内を入れると一気
 に価値が上がるそうな。



 目の前が新幹線の線路なので見晴らし最高!
 借景でお寺の森もみえます。



 先月まで、妹夫婦の住んでいた高層マンションもそうでし
 が、今月から移り住んでいるマンションも4つの条件を兼ね
 んそなえる高級マンションでした。その上プラス新幹線も見え
 ましたぁ。 富士山と東京タワー側は曇っていたので残念。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 長女子君が、ダイビングのオープンウォーターライセンスを
 取得しました。場所はタイ南部のタオ島(カメ島で)国立公園
 です。



 干潮になると島と島の間を歩いて渡れることでも有名な島
 です。









 タオ島は国立公園ですが、観光客の増加で環境破壊防止
 のために8月より入島禁止に指定されたので、7月末にライ
 センス取得のためにタオ島に行ってきたそうな。

















 おめでとうライセンス。
 ご投稿ありがとうございました(^-^)。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 自閉症者に限らずしょうがいしゃの健康を維持する方法は
 難しい。 

 タイでは多くのしょうがいしゃを持つ家庭や両親は、子供の
 世話や教育をするより生計を立てることを優先するから。
 中には身体的虐待を受ける子供や、保護者の育児放棄を
 受けるこどももいます。

 センターでは、子供たちと楽しい時間を過ごす方法を学べ
 ます。

 チョンブリ県自閉症センターは、学ばせたい、子供に教育
 を与えたいと思っても、通える範囲で受け入れてくれる学校
 や施設がないことも現実です。

 この状況を打開しようと、しょうがいしゃを持つ保護者達が
 立ち上がり設立した民間の無償しょうがいしゃ支援施設で
 す。

 重要なことは、しょうがいしゃの行動や問題を理解してケア
 することです。 そしてもっとも重要なことは保護者、両親が
 自分自身の世話をして自活できることです。 

 センターは、生活支援、各ケアのための知識、体験を学び
 共有できる居場所です。

 今回ボランティアで来ているベルギー人のエバさんの専門は
 リハビリ技術でした。 マッサージ法お勉強になります、感謝
 です。






 チョンブリ県自閉症センターからのご投稿でございました。



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る