タイの名所(親子乗馬と自転車)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年5月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイ正月2日目、親子朝自転車を終わった長女子君を乗馬に
 誘ったら、 「久し(2年?)ぶりなので行きたい」 と回答あり、
 プラス親子乗馬の日になりました。

 この日、教官が娘に選んでくれたのは、「ロムサラータン」。
 Sさんが数回乗ったことがある馬。







 長女子君のブーツはリングブーツのオーダー品、当時2万円
 弱で作ってもらった記憶があります。







 背中はSさん自作のバイク用のプロテクターで。











 こちらはブラックマジック君



【ちょっとコーヒーブレイク】
 老父母のために妹が福島県に家を買いました。

 「買っちゃいましたヨお兄さん!」 と、日曜日に連絡があり
 本日詳細を送ってきましたが。。。。。。



 建築は平成2年なので築28年。でも程度は確かに良さそうです。
 長男である私は一体いくら負担したらよいのか。 悩める日々が
 スタートです。

 7年前に被災して今も親が住んでいる被災を受けた家は、海岸
 から20メートルのシービュー、寝室が2階で踊り場の無い狭い
 ストレート階段をよじ登って行くので、老父母にもう体力的にも
 限界、苦痛となり始めているのです。

 プラス車の運転も大事故につながるニアミスも数回あり、平屋で
 病院とスーパーに近い住宅に転居して合わせて免許返上もカウ
 ントダウンの状況になってきたのが背景です。

 当初は東京の妹が転居する隣の賃貸マンションに住まわせる、
 または近くの公団住宅を購入して住んでもらう案もあったのですが、
 友達もいない東京では引きこもりやボケも怖いし、親の意向もあり
 福島となったしだいです。

 別件ですが、4月は父の誕生日なので、毎月送っているネット購
 入に追加して。父の好物ウナギ、日本酒、ハムセットを送るとビー
 ルも欲しい!と連絡入りました、どんどん遠慮のない素直で可愛
 いお年寄りになってきているようす。親は看てもらう気満々ですね。

 自分が長男であることが恨めしいが、妹夫婦の負担の方がはる
 かに大きいので、我がパパも。。。でもなぁ福島は遠いし住んだ
 こともないので愛着も薄い! と言っても淡々とできることをこなし
 ていく妹夫婦の遠距離老々介護のアシスト支援の始まりになります。



 そして親のために購入した家屋に、秋ごろには転居となるそうです。

 ちょっと良い話
 脚の悪い母親の要支援の申請が通ったので、介護用のスロープ
 取っ手の改装費の助成金を申請することができるようになったよ
 うです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 お休みの日の家族自転車、長男氏君は体調不良で自宅待機。















 自転車専用道路になぜか牛が。。。(;´・ω・)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 タイ正月明けに新入生到着です。





 今回は製造機械ではなく、画像選別機!品質安定安心!

【ちょっとコーヒーブレイク】
 郷さんからお散歩投稿です。

 「きょうはつつじで有名な等覚院まで散歩。夕方ですが結構
 人が多いです。」












 つつじとさつきの違いはなんでしょう。





 郷さんご投稿ありがとうございました。



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る