タイの文化(真実の聖域とタイ猫歩き)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年4月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 
「The Sanctuary of Truthに家族と行ってきました」と、園ちゃん(仮称)
 からご投稿です。






 日本語ではなんていうのか?真実の聖域(仮翻訳)?場所は北パタヤ。
 人が小さく見えるのでかなり大きい!仏教寺院風の建物。






 タイ語では、バーンマーイ(木の家)と呼ばれている作りかけ(37年たって
 も建設中)のお寺みたいな建物




 でも宗教施設ではなく、博物館のような美術館のような建物、ちなみに
 Sさんは機会が無く未だ同地を訪れたことがございません。






 入場料は500バーツでタイ人外人の区別なし!日本円なら約1750円。
 



 馬車の貸し出しもあるそうです。




 時間制で入場数を制限規制しているそうです。建物内は建造中なので、
 ヘルメット借りて見学です。写真の人もかぶってますね白ヘル!。




 園ちゃんご投稿ありがとうございました。(*'▽')だいたい1-2時間程楽し
 める観光地だそうです。

 Sさんも機会を作って行ってみたいと思います。

 年末年始にタイに来ていたSさんの叔母夫婦も第1691話で同地をおと
 ずれていました。


【ちょっとコーヒーブレイク】
 つづいてもご投稿から! 





 長女氏君から「チャンタブリ県からタイ猫歩き」のご投稿です。



 夜目遠目の長女子君(;´・ω・)







 シャムネコは、タイ王室内で飼われていた猫さんです。









 看板ネコ。





 チャンタブリ県はSさんの住むチョンブリ県より東に250キロ、車で約3時
 間の距離。












 お腹の大きい猫さん。

 町猫の寿命は2-3年と言われ短命です、ネコの妊娠期間は60日、1回
 の出産で平均4-5匹生みますので、管理をしないと凄く増えちゃいます。








 竹串アイス(*'ω'*)







 チャンタブリ県のチャンタブーン・ウォーターフロントですと。インスタ映え
 する場所のご紹介ありがとうございました。




 いらっしゃいませタイランド。 

戻る