タイの文化(税関)のお話                     http://www.kohbyo.co.jp/

Sさんは久しぶりに、日本からの製品を持ってタイのドンムアン空港に降り
 立った時のことです。

ハンドキャリーは、いけないこと、しかし税関をきちんと通って税金申告をし
て通れば密輸にならない。かし、時の移り変わりは早く。。。Sさんの知識
は古くなっていた。。。

Sさんが税関の赤ランプへ行きインボイスと物品を出すと、

税関職員が言うには「有償の製品は税関本局扱いになり、ココでは通関で
きません。良いですか」とのこと。

ほらそこと大きな通告書を指さした。(ほんとだ書いてある。。。)
Sさん「とっても急ぐんですけど。。。」
税関職員「本当は個人通関しかできないんですよね」
Sさん「何とか個人通関でお願いします、会社の名前で領収書発行できま
すか?」
税関職員「会社名もダメ、インボイス番号を追記するのもダーメ」

よって、今までのように領収書に会社の名前を書いてもらうこともできなく
なった。。。
インボイスの番号も入れさせてくれない。(規則だからダメ)って言われた。

仕方がないので、今回はSさんの名前で個人輸入としてました。個人の物品
については8万バーツ以下であれば空港で通関ができます。領収書も発行
してもらえます。

私の会社もすっかり優良会社になり、個人持ち込みが全く無くなってしまって
いたので、この手の知識が落ちる一方です。でも反面うれしかった。

しかしやっぱり問題発生時が知識を吸収する機会になる会社は危ないと思う。
Sさんでした。

良く、税関赤ランプを通れば大丈夫。。。と言われましたが、「有償支給品は
通れない」が正しい世の中になって来たタイでした。

あたりまえのことを当たり前に出きる会社が良い会社です。外国で、外資系
企業がその法律は知らなかったは通用しません。「知ってて対応(確信犯)
した」と思われますので気を付けましょう。

タイドンムアン空港からSさんのリポートでした。


いらっしゃいませタイランド

戻る