タイの文化(ちょっと乗馬)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2018年1月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 2018年1月某日の富士山、3週間ほどタイに滞在していた叔母お夫婦より
 帰国時に届きました。



 やっぱり富士山が見えるとうれしいなぁ。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 通勤途上の車窓から、チョンブリ県のマーク!サメのモニュメントはロータリー内に
 設置されています。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 お正月明けの週末、家内も忙しく、、休日自転車に同行してくれる方が居ないので~

 飛行場の自転車専用道路エアポートレーンへおひとり様!ご招待してしまいました(笑)。



 上が入場ゲート、パスポート登録したSNAPを持ってないと入れません。 登録は
 右手前でできます。



 朝6時45分にはすでに4000台の駐車場は満車状態でございました。さぁ走るぞ!!





 紫のレーンが高速者用で、青のレーンが一般用、時計反対周りの一方通行、全長
 23.5キロです。 2周終わってトイレ休憩。

 この日、私は160万円のトライアスロン自転車を見た!乗っている人は、脚の長い
 引き締まった体の男性でした、タイ人はお金持ちが本当に多いなぁと。。。実感。



 Sさんは3周70キロでした、向かい風が強く。。。。。

 実はこの日の同じ時間帯で、友人の咳水さんも走っていた、でも会えなかったけど、
 同じ場所で自転車撮って奇遇だなぁと。



 咳水さんのピナレロ・ドグマは100万円弱(凄値)超高級車、それではまたの機会に!

【ちょっとコーヒーブレイク】


 とある日曜日、本社からの研修生:南町さん(仮称)とご一緒に乗馬場へ、



 肉体派の南町さん!乗馬(引馬1時間後)の撮影なのでオデコに汗が光ってますね!



 南町さんは初乗馬を満喫できたみたいです。







 そして乗馬歴16年のSさんは、ひさかたぶりに白馬にまたがり白馬のおじさんでご
 ざいました。



 名前はロンゴット雄10歳馬、馬格は480キロ程度の中型馬。ギャロップ時に頭を
 下げて走る悪癖と、ムチをあてると後ろ脚を跳ねあげる付き。

 以前はモーク(霧の意味)という巨白馬にもよく乗りましたが、既に鬼籍にはいって
 しまったので、白馬は久しぶりでした。

 馬の寿命は犬や猫と同じ15-20年と、意外と短いのです。先週乗った馬が他界
 していた、、、なんてこともありました。

 そして歴代の愛馬モンパット君ナレー君もウイロン君もすっかり老馬となり、裏山の
 馬場でのんびり老後の余生を過ごしています。





 また愛馬をさがなさいと。。。と、乗馬場を後に~。

 でもまだ9時台、乗馬だけで終わるわけもなく、南町さんをお誘いして自転車に。



 乗馬場から20分ほどで、バンプラ湖畔に到着です。

 バンプラ湖畔一周21.5キロだけをご一緒(強制?)していただきました。
 Sさんより一回りデカイ!南町さん



 そして激坂を押す南町さん(笑) 登り切れなかった理由は~巨体の性か?サドル
 が落ちたそうな。



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る