タイの観光名所(カオキヤオ動物園)    
                                          2004年9月吉日 
【チョンブリの国立動物園】

 チョンブリ県には、カオキヤオ国立動物園が御座います(カオ・キヤオとは、タイ語で『緑の山』の
 意味でございます。

 最近、この動物公園は、S家から車で約20分に位置するので、平均年1回は家族で訪れる動物園で
 ございます。

 呼び物は、『白いトラ』と、動物ショウ、動物園の形式はオープンズーで、一部放し飼いになっております。
 まず動物園に入場して、大きくエリア分けになっており、
 ・手長猿ゾーン→鹿、ダチョウゾーン→バイソンゾーン→カバゾーン→キリン、シマウマゾーン
  →熊、イタチ、蛇ゾーン→猿ゾーン→鳥ゾーン→ゾウ、ラクダ、虎ゾーン→白い虎、その他と、なって
  おります。
 
 ここは鹿、ダチョウのゾーンでも写真には鹿のみですが、、、、、、。

【ショウタイム】

 ゾウの居るエリアには舞台があり、いろいろな催し物が、週〜月替わりで行われております。
 今回の催し物は、『アフリカ。。。』タイ語で黒人の事を『ニグロ』と呼びますので、『アフリカ・ニグロ展』
 タイでは差別語ではなく、この言葉がスラングではなく一般用語として使われています。
   
 ちょうど行ったときには、小学生の社会科見学の時にぶつかり、子供達は、ニグロさん達の踊り?
 パフォーマンスに見入って居ました。

   
  ペリカンのショウ。                      インコのショウ。

   

 入場料は、外国人でも100バーツ程度と思いましたので、チョンブリ方面にお出での際は、
 お立ち寄り願います。2−3時間は十分楽しめます。園中はとても大きい(歩いては周り切れません)
 ので車で来ることをお勧めします。

 これがカオキアオ動物園の全体地図です。
 
 いらっしゃいませ、チョンブリへ。

 

戻る