タイの名所(スラータニ県)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年11月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】


 社員への年末ギフト届きました(*^_^*)

 お話変わって
 昭和の時代、電車のキップは券売機で、改札通る時は
 キップにカットを入れてもらっていました。枕木もコンクリート
 製ではなく木製でした。

 アパートには呼び出しのピンク電話があり、管理人室での
 共用使用でありました。 

 タバコは、学校の先生が教室でも職員室でも吸っていました。
 女性の先生が鼻から煙を出すのは美しくなかったなぁ。

 髪の毛を染めている女性は、夜の仕事をしている方と言わ
 れていました。

 会社内でも喫煙、分煙とか禁煙なんて考えもなく、飛行機、
 電車内、タクシ-、バスでも喫煙者がいました。

 長距離列車のトイレはボットン式で穴からレールが見え、
 走る恐怖でした子供なら落ちます! 沿線の方も糞尿が飛
 び散りさぞ迷惑な時代だったと思われます。

 小中学校では、短波放送が流行、海外のラジオをジャイロ
 アンテナで拾うがはやった、録音はカセットテープで、ダブル
 カセット、テープはノーマル、メタルがありました。 
 私は持ってなかったけど(^_^;)

 不良女子中高生のスカートはくるぶしまでの長さだった。

 中学校では、計算尺なんて言う、手動計算機の時間があり
 ました。

 コンピューターよりもワープロ使用者の方が多かった時代
 プリンター付きのワープロは4キロ近く、非常に重かった。
 国内専用機なので200V使用は無く、海外出張時にもって
 行って壊す人が多かった。 電動ひげそりも同様でした。

 コンピューターを動かすソフトは、フロッピーディスクで、30枚
 前後で一つのソフトでした。 よってディスクは100枚アップ。 

 ディスポーサルタイプのコンタクトレンズが出た時は、凄いと
 感動した。 そしてフロントホックブラが流行ったが、すぐに
 廃れた時代でした。

 ポケベルも携帯も無い時代、駅前の伝言板は、重宝しました。
 そして街の至る所に公衆電話があったのは、家庭毎の固定
 電話が普及徹底されていなかったから。

 ちょっと笑話(昭和)話でございました。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 長女氏君から 「友人達とスラターニー県に言ってきました」
 と、投稿がございましたので、早速ご紹介です。

 バンコクから約700キロ、プーケット県の上に位置します。。





 吊り橋から見えるハート岩











 タイ南部の伝統芸:陰人形劇





 サック島国立公園







 長女子君、投稿ありがとうございました。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 Sさんが住んでいた中野区、最寄りの駅は中央線の中野駅と
 西武新宿線の新井薬師前駅。

 新井薬師前駅では、駅の地下化工事が推進中ですと。
 区間は野方から中井まで、と言うことで地名で推測する土地柄

 西武新宿(新しい宿場なので平地)
 高田の馬場(馬が放せる高地)
 下落合(読んで時のごとし、低地)神田川が良く氾濫しました。
 中井(中間の平地)
 新井薬師前(お寺のある高地)、廻りの地名は上高田
 沼袋(沼があるので低湿地)
 そして野方(環状7号線の上にあるので高地)

 と言うことで、線路も邪魔ですが、登ったり下ったりもあるので
 地下化してスムーズに走らせるの一石二鳥だったのでしょう。

 でもこれでまた、子供の頃の思い出の場所が喪失です。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 洒落たレストランにも見えますが、妹氏宅の夕食風景から。
 Sさんの妹氏は専業主婦さんですが、調理師の免許(*^_^*)
 取得者です。





 数年前は新宿に創作日本料理のお店を持っていた(*^_^*)

 ワイングラスもどっかのブランド製だったような・・・・

 ごちそうさまでしたm(_ _)m 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 先日NHKの番組で、日本の東と西の境界線を探そうと言う
 番組を見ました。 確かに日本は東と西で、電気の周波数が
 違ったりは知っていましたが。

 畳:江戸間<中京間<京間 の3種があり、京間が一番長く
 由来は秀吉の太閤検地から(*^_^*) へぇ~!

 ウドン:濃い醤油と鰹だし VS 薄口醤油と昆布だしを、各駅
 のうどんを食べ比べて境界線を引いたり。

 方言の境界線は、川だったり、山だったり、昔の領地だったり
 (*^_^*)楽しく拝見できました。

 境界線が入り乱れる、中部地域は方言も多いと納得。

 共通語と言う方言しか知らないSさんにとって新鮮な番組でした。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 ちょっと週末の旧車君とのお散歩から。





 祠(ホコラ)と女性の霊をまつるために奉納されたタイドレス










 いらっしゃいませタイランド。 

戻る