タイの文化(会社のタンブン)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年10月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 9月15日は、会社の恒例行事、タンブンでした。

 タンブンとは、お坊さんをお招きして会社にお経をあげていただき、
 社員は僧侶に喜捨をすること。



 ちなみに徳を積むような良い行い全般も総称してタンブンと言います。

 上は当日使う仏像を前日移管し会社で保管中。
 下はタンブン当日に飾る蓮の花の飾りから、花弁を折って。



 タイは良いことがあったらタンブン、不幸があってもタンブンと、タンブン
 好きの文化圏です。



 美味しそうなお供え物は昼食のおかずとなり、社員の胃袋の中へ(*^_^*)
 食べることで供養にもなり、キンブンと言います。



 朝一番に仏壇にお供え物とお祈りをあげます。



 昨日移管された仏像を設置して、糸と会社の建物をつなぎます。
 そして坊様達は、この糸を手にしてお経をあげます。



 お坊様を待つ社員の列。



 10時過ぎお坊様到着、托鉢中のお坊様は裸足です。



 社員からの喜捨を受けます。 供養物が一杯になると黒いピニール袋へ、
 全部でトラック3台分になります。





 そしてお経



 お坊様は9名がスタンダード、左端に仏像。





 お坊様に昼食をお出しして、お土産をお渡しして完了です。

 ちょっとタイ雑学
 タイのお坊さんはたいへんです。 朝6時頃托鉢に行きそこで喜捨
 され食べ物を朝ご飯と昼ご飯として夕食は取りません。余った食べ
 物はお寺の寺男に。

 厳しい戒律の宗派では、午後から朝起きるまで水も口しません。



 そして社員へもお昼ご飯を特別メニューで(*^_^*) 



 お経の間は、片足を出して座るのがタイ式です。

 これでまた1年!商売繁盛、無病息災(*^_^*)

 ちょっと新知識編
 第1658話で掲載した、山梨県の特産品について、読者様より
 ご投稿がございましたので、ご紹介いたします。

 「めずらしい靴のところの説明で、山梨の工芸品の名前は、
  ”甲州印伝” です。 
 400年前から甲州(山梨県)に伝わる伝統工芸で、鹿革に漆
 ウルシで模様付けした工芸品のことです。」

 ご投稿説明ありがとうございました。m(_ _)m
 高級品です、お手軽価格は名刺入れ(*^_^*) お勧めです。
 ちなみにSさんは、ご縁が無く(^_^;)(^_^;)

 ついでに雑学、ウルシは麗しい(うるわしい)が語源で、ウルシ
 となったそうです。 

 ちなみにウルシの英語はJAPAN(ジャパン)
 チャイナ=陶器と同じで、当時日本を代表する名産品がウルシ
 だったからです。 何か麗しい物もってますか(*^_^*)

 Sさんは100キンでかった漆塗りの耳かきもっます(^O^)(*^_^*)

【ちょっとコーヒーブレイク】
 これは何だか?ご存じですか??



 答え:硬度を調べるための「マスターブロック」。



 新品は真っ平ら、、ピットを押し当てて硬度を測るので、表面がボツボツに
 成っていきます。 

【ちょっとコーヒーブレイク】
 これは何だか?ご存じですか?





 答え:高地トレーニングマスク 保管用の入れ物付き

 名称は、ファントム・トレーニングマスク。

 日本のネット販売では結構なお値段で売ってましたが、タイのネット通販
 で、1090バーツ=約3400円(*^_^*)とお得な価格でした。





 マスクに付いている4段階のバルブを選ぶことで、空気の流入量を
 調整しトレーニング。 短時間でも2倍の運動効果があるそうです。

 マスク自体はゴム製なので、バルブ以外から空気が入らないよう
 になっています。

 通販で購入、時間の無いサラリーマンの運動力アップのために!

 ちなみに全閉の4番、、、何もしなくても息苦しい(-_-;)(-_-;)(^_^;)

 お試しアレ~♪ 息苦しい(^O^) ダースベーダーマスクでした。

 今日の格言 「平地でも高地トレーニングダイエット(*^_^*)」



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る