タイの文化(果物)のお話(その63)    
                                          2004年9月吉日 
【タイでも桃が食べられる様になった】

 今回は、タイがより住みやすくなった、お話をご紹介です。
 Sさんは果物が好きです、しかし日本の果物でタイでは手に入らない代表格に
 『桃とサクランボ』があります。

 しかし、今年からなのでしょうか?タイのスーパーでも桃を売る様になりました。
 Sさんは大変うれしかったので、さっそく5個購入。この桃は中国産で大きさは
 握り拳ほどです、価格はキロ85バーツ(約250円)、5個で110バーツ(330円)でした。
 (日本では、1個300−800円で売っていた)もちろん物はピニール?の網で包まれて
 おります。

 

 家に帰って、さっそく2個を試食、ちょっと堅かった(皮が手でむけないほど)が味は、
 値段の割にはマズマズで御座いました。ほのかに甘い程度でしたが、日本の値段や
 持ってくる努力を考えれば、これで十分満足で御座いました。

 さすがに、タイでは日本のサクランボウは手に入りませんが、アメリカ産チェリーが輸入
 されますので我慢?代替えとしています。、
 夏はニュージランド産の富士リンゴ、冬は中国産と日本産の富士リンゴ。
 これに地元の果物を加えれば1年中、美味しい果物が食せます。
 
 今回の桃の購入と一緒にニュージーランド産の富士リンゴも購入、1個15バーツ(約45円)
 これも5個購入したましたが、日本の果物の値段は何か間違っている様に感じるSさんでした。

 タイもだんだん外国人が住みやすい条件がドンドン充実してきています。
 これで、ブックオフができれば。。。。もっと最高。。

 我が儘を言うときりがありませんが、タイは住みやすい国になってきています。

 いらっしゃいませ、タイランド。
 
      つづく。 

戻る