タイの文化(鳥撮りに)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年7月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 バンプラ湖畔廻りの一人朝自転車37キロ、この日・・・
 猛暑日〜(-_-;)  木陰が恋しくなったので〜鳥撮りに。



 今回一番気に入ってる一枚(上)。



 太、、大阪の人はセブンイレブンを 「セブン」 と呼ばない
 と、言うことを思い出す。 でもナント呼んでいるのかは不明。。。

 そう言えば、ユニバーサルスタジオジャパンも、USJではなく
 ユニバと呼んだ様に覚えています(*^_^*)





 クジャクの目は難しい・・・・・









 鈴栗ちゅう(ちょっと誤変換)のハト系



 赤色野鶏の♂お昼寝〜中、目を開けているのが怖い。



 こちらは抱卵中〜距離10mほど。



 セキショクヤケイの雌〜脚の出し方がヨガ(*^_^*)







 初めて見たサギ系が高い木の枝にとまっている処。



 クジャクの♀とヒナ。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 この処、天気が良すぎて暑い・・・自転車では薄毛の
 頭から汗がしたたります。

 スカート履いたら涼しいのでしょうか(?_?) ホット
 パンツ、ミニスカート、男だからキュロットとかが
 お勧めか(?_?)

 家では、半ズボンも履きますが、外出着は長ズボン
 しか持っていないSさん。 

 そこいくと、S毛は偉い、年中毛皮のコート着て(*^_^*)
 刈ってやったらスフィンクス(*^_^*) バリカンもって
 無いので実行には移せないが。。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 「ケンメリ」の思い出、ケンメリは「ケンとメリーのスカイライン」
 の略称で、1972年〜1976年と4年間製造された車です。

 4代目のスカイライン、後輪ボディーの上にサーフライン
 が入った、ツードアのSOHC直列6気筒車です。

 4台目の箱スカは、その形から四角い無骨なデザインです
 が、ケンメリは流線型のデザイン。

 私が所有していたケンメリは、有鉛ハイオク最終車なので、
 1975年製キャブレター車両です。1976年製からインジェ
 クション搭載に。

 当時の車にはパワーステアリンは付いていませんでしたの
 で、文字道理「力を使うパワステ」駐車場の切り返しは難儀
 しました。 ブレーキは恐ろしいほどに効きが悪く、、ディスク
 ブレーキを押すマスターバッグという油圧機械が友人が持っ
 ていた、箱スカGTRと比較すると2廻り小さかった。

 私が購入したのは友人が持っていた車検切れになった10
 年落ちの車両を5万円(?_?)位で購入して、シングルキャブは、
 箱スカGTRの友人から格安で譲ってもらったをウエーバー
 というイタリア製のキャブ(フェラーリも搭載)へ、後輪にレー
 シングサスと前輪に強化サスショックも変更し、シリコンコード、
 ブラグも変え、タコ足+デュアル管に交換し、アルミホイルも
 入れ替え、タイヤもボディーの爪を折らずにギリギリ車検の
 通る、たぶん205を入れていた(195だったかも)改造費は
 結構投資して、それまで入らなかったレッドゾーンまで回る
 車両に変身しました。

 その結果、アイドリングは無くなり、クーラー付けると信号待
 ちでふかさないとエンコ(-_-;)、燃費はリッター4キロ(>_<)

 そして頑張り過ぎたエンジンは1年で昇天しました(^_^;)。 

 結構本気でいじったので、暴走族に絡まれることもなく、単独走行
 してました。 

 使用用途は、お休みの日に、奥多摩の夜を走るためと、伊豆箱根
 を走るため、基本的に夜間のハイビーム走行なので対抗車を気
 にせずに走れました。

 最後はエンジンがかからなくなり・・・・スクラップ屋さんへ1万円で
 売却。

 私にとって自分が買った4輪は「ケンメリ」だけ。。

 軽自動車でケンメリデザインの復活希望中! 販売されれば
 オーナーになりたいと思ってます。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 動物撮りに 今回は茶色一色









 カンガルー放し飼いなので、さわれます(*^_^*)、
 でも臆病な動物なので♂しか寄ってきません。



【ちょっとコーヒーブレイク】
 バンセーンで公道レースがあるので、朝自転車の帰りにちょっと寄って
 みましたが、交通規制と駐車スペース確保が難しいので、ご帰宅(^_^;)



 観戦出来る場所も限られていますので、今年もパスと、、、
 なりました。 (行ったのは第1回のみ。。。。)

 お巡りさんは、そこここで見かけたので動員は100名くらいい
 たと思われます。

 4駆で思い出したこと。。。大好きだったハマー・・・中国企業
 にモデル売却されてから、、新車が出なくなって数年経過。。
 残年、モデル復活期待中。



 いらっしゃいませタイランド。 

戻る