タイの文化(危機管理法)のお話    
                                          2004年9月吉日 
【やっぱりパスワード管理】

 今回は、Sさんのお友達からの投稿記事をご紹介致します。
  
 さて下の写真のタイマー見たいな物はなんだと思いますか???

  

 実は、これはパスワード発行機(セキュアID)という物で、1分に
 1回任意の数字に変化します。
 電池が内臓されていて3年間動き電波時計方式で数字の同期
 を取っています。 もちろん開封できないようになっています。

 このセキュウアIDは、某大手コンピューター会社のシステムへ
 ログインする時に、表示されている数字を打ち込み、パスワード
 を確認させるための機械で、照合されないとログイン出来ない
 仕組みになっています。
 常時変わるパスワード方法でパスワードが盗めないように工夫
 (危機管理)しているんです。

 でもこれってこの機械を盗まれてしまうとパスワードを常に表示し
 ているようなもの。 本末転倒なのですが......笑


【ちょっとコーヒーブレイク】

 とっても良い危機感理法で、コンピューターにログインする人をこ
 の機械によって限定できる、、。Sさんは良い機械ある物だと感心
 しました。しかし、Sさんの会社には、絶対不向きな理由があり、
 導入できないと思った。

 『その理由とは。。。。』
 そうなのです、Sさんの会社は、役職が偉くなればなるほど
 『忘れん坊さん』が多くなって。。。。使いたい時になって思い出す、、、
 持ってくるのを○れた。。。どこに置いたか○れた。。。

 それでは、先日の社訓から
 『整理整頓を徹底して物を探す時間を無くして下さい、、物を探す
 時間はムダその物です』
 Sさんは思った、体験をベースにしてのお話は、やっぱり重みが
 ある物だと。。。(^_^;)(^_^;)m(_ _)m

 Sさんの会社も10年後には、この様なシステムが導入できる会社
 を目指しますので、ご声援お願い申し上げます。


 いらっしゃいませタイランド



戻る