タイの名所(鳥撮りに)のお話 
 
http://www.kohbyo.co.jp/      2017年6月吉日 
【ちょっとコーヒーブレイク】
 とある日曜日〜、路面がビジョビジョだったので、
 鳥撮りに行ってきました。



 愛も変わらず(正変換かも)クジャクを撮るのは難しい(-_-;)



 こちらは国弱(ちょっと誤変換)オスかメスかは不明です。

 過去5年間でクジャクの目が白濁せずにクリアに撮れた
 のは(↓数年前撮影)数枚のみ。







 雨のお陰でしっとり感が出ています。



 目を直接合わせなくても目の隅で見ているのを感じます。



 カメラもってて思うこと、動物はしばらく待つと必ず目線を
 感じて目を合わせてくれる、微笑んではくれませんが、嬉し
 いですね。

 最近は、安心して人にカメラを向けても微笑み返してくれる
 のはモーターショウのコンパニオンさんぐらい(^O^)ですが、
 あの職業スマイルにはちょっと引きます。。
 よってモーターショウでも余り人は撮りません(^_^;)

 最近はタイも個人情報優先?勝手にカメラも向けられない。



 手前に垂れ下がって居るのは、枝から伸びた菩提樹
 の根っこです。



 野カモ、、約30メートル





 赤色野鶏(セキショクヤケイ)の雌、にわとりの原種でジャングル
 に住み飛びます。 下は押す(ちょっと誤変換)







 撮り鳥おすすめです、2−30メートル離れてもしっかり
 こちらを認知してくれます。









 片足上げて(*^_^*)



 飛んでる鳥も撮りたいのですが、実質ジャングルの中
 なので、かなり難しい残念。。。 もう少しカメラのビデオ
 が進化すれば、ビデオカット写真(*^_^*)。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 世界的な排ガス規制が進んでいますが、タイではまだ
 まだ150ccの小排気量車がメインです。

 でもこのところ世界戦略車と銘打った200−300cc
 クラスのバイクがよく目に入る様になってきましたので、
 たぶん排気ガス規制クリア車なのでしょう。

 そしてこの手のバイクに手の平サイズの小さいマフラー
 を付ける改造車が増えているて、取り締まり対象になっ
 ているらしく、警察に止められているのも目にはいる。

 手のサイズのマフラーでは消音効果も、排出ガス削減
 も難しいだろうなと(*^_^*)。 ほとんど直管と思われます。

 しかしマフラー変えると、廻りの車の認知が上がるので
 事故対策になるのは間違いないです。

【ちょっとコーヒーブレイク】
 このところ、タイのネット通販を利用して、2品買いまし
 たが、リーズナブルです。

 目次も英語、タイ語切り替えだし。 目録も30−60−
 120品表示設定が出来るので、ページめくりも少なく
 物品を探すのも便利。

 お話変わりますが、コンピュータ屋さんに行ったら、水冷式
 のパソコンが展示されていました。 ゲーム用だとは思い
 ますが、凄いなぁと、


 


 側面はフタもなくオープンタイプ、価格は約18万円なり。
 正面はアクリル板のみ。



 ピンクの液体が循環しているのが良く解りました。

 お話跳びますが、写真に写っている青い半ズボンの学生
 さんは、小学生か、中学生か?です。

 理由は義務教育中は半ズボンにGIカット=スポーツ刈りが
 義務なのです(^O^) 白い靴下と黒靴も制服です。

 例外はインターナショナルスク〜ル(*^_^*)





 いらっしゃいませタイランド。 

戻る